上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
荒川静香


トリノ冬季五輪のフィギュアスケート女子でアジア初の金メダルに輝いた荒川静香選手(24)の叔母さんが高知市知寄町に住んじゅうと。
 この叔母さんは荒川選手のお母さんのお姉さんに当たるそうじゃ。荒川選手の祖父は卓球の元国体選手だったらしい。
 このおじいさんが大手金属会社を退職した昭和54年、高知市内に住む長女(つまり荒川選手の叔母)の元に移り住み、高知で18年間暮らしたと。
 その頃、静香さんは高校生になるころまで祖父や伯母を訪ね、何度も一家で来高して、祖父らと一緒に桂浜や高知城、そして足摺岬や室戸岬にも足を運んだらいいぞね。

 静香さんは子どものころから活発で、中学生のころに高知城を訪ねたときは、家族が城内を1回りする間に3回りもしたらしいんじゃ。路面電車も珍しかったらしく、いとこたちと大喜びして乗っていたそうな。
 それにしても荒川選手が高知とこんなにも縁が深いとは、うれしいことじゃ。

にほんブログ村 その他ブログへ

クリックをちくと頼みます。
Secret

TrackBackURL
→http://ryomajaki.blog7.fc2.com/tb.php/77-4d490a64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。