上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月1日に召集された臨時国会に補正予算案はまだ提出されていない。予算委員会では「尖閣問題」「政治とカネ」を追求するばかりで、予算の議論は一切行われない。

小沢一郎氏の件でも野党は証人喚問を要求するばかり。司法でやっていることは司法に任すべきである。たとえ証人喚問しても裁判に差し支えるという理由で肝心なことは話さない。これは今までの証人喚問で証明されている。それがわかっているにもかかわらず、野党は証人喚問を要求する。与党もきっぱりと拒否できない。

結局、国民の税金をどう使うかという予算の議論は形式的にわずかな時間で議論するだけで、官僚が作った予算を通す形になる。何のための予算委員会か、何のための政治家か、訳がわからない。だから日本は膨大な借金を抱えるようになった。国民主導の政治を実行するとうたった民主党はどこに行った。

自民党もだめなら民主党もだめ。もう、政界再編成しか、日本の政治には道はない。
Secret

TrackBackURL
→http://ryomajaki.blog7.fc2.com/tb.php/322-6b11016e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。