上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
麻生内閣の支持率が20、21日に実施した産経FNNの世論調査でも17.5%と前回調査から9.9%減。比例代表投票先は民主党が45.9%で自民党の25.2%を20・7ポイント上回った。

自民党内では麻生では選挙は戦えないと自民党の山本拓衆院議員が総裁選前倒しの署名を募っていたが、22日現在で108人になったと発表した。
とにかく自民党内はがたがた。藁をもつかむ心境で民主党批判に終始。これではどちらが野党かわからない。

自民党は民主党の政策を何かといえば財源の裏付けがないと非難するが、馬鹿でもできる財源を借金に頼る自民党政府が非難する資格はない。

7月5日投票の静岡県知事選では自民党県連推薦の坂本由紀子候補が麻生首相や自民党幹部の応援を拒否した。ということは自民党では票が減るという判断。これは正解である。

20日の都議選の応援で麻生総理はこともあろうに「必勝を期してがんばろう」というところを「惜敗を期してがんばろう」と間違った。こんな応援はどの候補だって御免被りたい。
麻生総理の頭の中には都議選での自民党の勝利はない。惨敗ではなくせめて惜敗の結果に終わってほしいとう考えがあるのではないだろうか。そうでないといくら漢字も読めない麻生総理でも「必勝」と「惜敗」を間違えることはないだろうと思うのだが、麻生総理の肩を持ちすぎだろうか。

それにしても馬鹿につける薬はないというが、阿呆の口を閉ざすチャックもない。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ かまんかったら 押しとぉぜや
Secret

TrackBackURL
→http://ryomajaki.blog7.fc2.com/tb.php/253-79c692e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。