上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらく更新を怠っていたが、昨日、小沢民主党代表が代表辞任を表明した。
発端は麻生内閣支持率が一桁になろうかという3月3日に小沢代表の第一秘書が突然逮捕された。理由は西松建設からの献金を政治団体からの献金と偽って記載したということ。だがこれには無理があった。
 法的には小沢氏側には何ら問題はない。検察側の目的は違法献金を正すためではなく、小沢代表の代表辞任が目的ではなかったかといわれている。その証拠に西松建設からの献金は自民党の多数の議員にも行われているのに、漆間官房副長官は「自民党には捜査は及ばない」と問題発言をした。
 検察側にとってみれば、小沢氏の代表続投に思惑が狂った。そこで急きょ、検察は人事移動時の忙しい3月というのにもかかわらず、全国から捜査員を拡充し、ターゲットを小沢代表本人に切り替えて捜査したが、収穫はなかった。そこでしょうことなく3月24日に秘書を起訴した。
 舞台は裁判に移された。裁判の場に移されたにもかかわらず、小沢代表の説明責任をマスメディアも追及する。裁判になった以上は説明して相手に手の内を明かす馬鹿はいない。検察も裁判で説明するといっているから、小沢代表も裁判で説明すればよいことである。

 さて、大事なことは今後の民主党のあり方である。小沢代表の昨日の記者会見の趣旨は「身を捨てて挙党一致で政権交代を実現する」ことであった。挙党体制を確立するには民主党の代表に誰を据えるかがキーポイントになる。代表選出に際して民主党内がガタついてはいけない。ガタついて喜ぶのは小沢代表を潰しに掛かった連中である。
 岡田克也副代表の名が上がっているが、個人的には疑問に思う。彼には明るさがない。国民の多数の支持を得るには基本的に明るさが求められる。
 菅直人副代表は秘書が逮捕されたときにいの一番に小沢代表に辞任するように促している。そういう意味で敵の腹を読むのに疎い。だから民主党代表の時に「年金未納問題」で簡単に辞任に追い込まれた。
 前原誠司副代表は問題外である。
 そうなると小沢代表の秘書逮捕の際に国策捜査と批判し、最後まで小沢代表続投を支持した鳩山由紀夫幹事長ということになるだろうか。代表を選出するまで民主党は正念場である。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ かまんかったら 押しとぉぜや
Secret

TrackBackURL
→http://ryomajaki.blog7.fc2.com/tb.php/244-3487bbba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。