上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小沢一郎氏を民主党の代表の座から、なりふり構わずに引きづりおろそうとしている麻生内閣、自公体制。
これについて元自治相兼国家公安委員長で元自民党議員の白川勝彦は「検察や警察を使って政敵を追い落す”という卑劣な行為である」とはっきり断言している。
また、二六日に発表された読売新聞の世論調査に関して、

このような世論調査を何と呼べばよいのだろうか。世論を誘導するための世論調査!? 自公“合体”体制の、自公“合体”体制による、自公“合体”体制のための世論調査!? 民主党を撹乱のための世論調査!? ……。
この世論調査の意図と目的は明白である。数値を操作したとはいわないが、この調査日にこのような世論調査を実施すれば、このような数値が出てくることは専門家ならばおおよその予測はできる。これを世論調査に表れた国民の声だと謳って1000万部の新聞で書き立てれば、意図する世論を作り出すのに役立つことは明らかだ。マスコミを駆使した自公“合体”体制の権力犯罪は、手を変え品を変え白昼堂々と進行中なのである。


と、述べている。詳しく知りたい方はこちらから

この読売新聞の世論調査によると、民主党の小沢代表が公設第1秘書の起訴後も続投することに「納得できない」は68%で、「納得できる」22%を大きく上回った。
この数字に疑問を持ち26日に独自にこのブログに投票箱を設置した。現時点で5投票だが、全投票が代表を辞める必要なしである。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ かまんかったら 押しとぉぜや

Secret

TrackBackURL
→http://ryomajaki.blog7.fc2.com/tb.php/235-e9ee6f5b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。