上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天下りを繰り返すことによって国民の感覚からかけ離れた高額な報酬や退職金を受け取る官僚OBの「渡り」は約30年前にも問題になった。その当時は「渡り鳥」と言われていた。それが未だに行われていることに呆れてものが言えない。

麻生首相は世論の風圧に負け、やっと「渡り」の斡旋禁止を表明したが、いくら首相が表明しても政令が生きている限り何の意味もない。

 政令を撤廃し、個別、特例ケースも完全に認めない完全廃止の法律を作らなければならない。天下りに年間12兆円もの血税が使われているこの「役人天国」は異常である。こんな国は世界広しといえども一国もない。

まっこと、日本人はお役人に弱い。弱いと言って済される問題ではないがぜよ。

 この問題の政令はどうも官僚が首相や閣僚の目をごまかして渡りへの抜け道になる規定を挿入したようである。政令決定にあたっては首相は認識していなかった。
自民党を離党した渡辺喜美氏の指摘によって初めて知ったのが実情のようである。

 ところが知らなかったとは言えないから首相は苦しい答弁しか出来ない。最終的には幹事長の強い要請もあり、やっと全面禁止の考えを表明した。そうなった理由を記者に質問されると世論の性にした。
 
 世論の性にするなら、国民の7割以上が反対している定額給付金もやめるべきである。そうしたら二次補正予算関連重要法案もすんなり可決される。

 麻生さんよ、あなたは給付金を国民にばらまけば、給付金をもらった国民が自民党に投票してくれと期待しているでしょう。国民の大事な血税をつかっての買収行為はやめなさい。

麻生首相の首相としての矜恃を疑う。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ かまんかったら 押しとぉぜや

Secret

TrackBackURL
→http://ryomajaki.blog7.fc2.com/tb.php/220-f4899111
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。