上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年6月、国家公務員制度改革基本法が共産党を除く与野党の賛成で成立、施行された。

各府省庁の縦割り行政とその温床となる人事制度改革こそが日本再生への近道とにらんだ安倍晋三元首相が英断を下し、福田康夫前首相のもとで成就の流れができた。

麻生首相は所信表明で「官僚を使いこなす」「官僚は私と私の内閣にとって敵ではない」と述べたものだから、逆襲の機会を虎視眈々と狙っていた閣僚は俄然、元気づいた。

そして麻生内閣の時でないとチャンスはないと狡猾な巻き返しにより「内閣人事局」の中身が有名無実かされた。

この法案に尽力した渡辺喜美元行政改革担当相は先日のテレビで後退したこの法案を嘆いていた。このことも造反した大きな一因であろう。

かまんかったら 押しとぉぜや
Secret

TrackBackURL
→http://ryomajaki.blog7.fc2.com/tb.php/207-6141b401
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。