上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は連日の暑さで、高知市では昨年の3倍、熱中症の疑いで病院に搬送されているらしい。

熱中症は病態の違いで大きく4つに分類される。
○熱失神……直射日光の下で長時間行動しているような場合に起き、突然の意識の消失で発症する。体温は正常であることが多く、発汗が見られ、脈拍は徐脈を呈する。
○熱疲労……多量の発汗に水分・塩分補給が追いつかず、脱水症状になったときに発生する。症状は様々で、直腸温は39℃程度まで上昇するが、皮膚は冷たく、発汗が見られる。
○熱痙攣……大量の発汗後に水分だけを補給して、塩分やミネラルが不足した場合に発生する。突然の不随意性有痛性痙攣と拘縮で生じる。
○熱射病……視床下部の温熱中枢まで障害されたときに、体温調節機能が失われることにより生じる。高度の意識障害が生じ、体温が40℃以上まで上昇し、発汗は見られず、皮膚は乾燥している。

予防方法は
こまめに水分と塩分の補給を行う。そういう意味では塩分と糖分を飲みやすく配合したスポーツドリンクなどが良い。
普段から睡眠を十分に取ること。
作業する場合には十分に休憩を取りながらすること。

もしかかった場合には
涼しい場所(木陰、クーラーの効いたところで)で休ませ、スポーツドリンクなどを飲ます。
霧吹きで全身に水を浴びせて、気化熱によって冷やす。
躊躇せずに救急車を呼び、速やかに病院に連れて行く。

これからも真夏日が続きそうですので、熱中症にはくれぐれも気をつけてください。
 
クリックをちくと頼みます。

にほんブログ村 地域生活ブログへ
Secret

TrackBackURL
→http://ryomajaki.blog7.fc2.com/tb.php/117-a9e726d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。