上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.15 早くも稲刈り

稲刈り

 早くも稲刈りシーズン――。早場米の産地の南国市で14日、超早場米「とさぴか」の収穫が始まった。農林水産省高知農政事務所によると、県内では最も早い収穫で、梅雨明け前の田園にコンバインの音がにぎやかに響いている。

 「とさぴか」は県農業技術センターが開発し、平成10年から普及を始めた。県内で最も早く収穫できる品種で、毎年7月に収穫される。

 この日、稲刈りをしたのは南国市大そね甲の武市忠雄さん(54)=同市篠原=の水田。3月17日に田植えをした3・7ヘクタールのうちの1・3ヘクタール分で、稲穂はうっすら色づいている。30度を超える猛暑の中、噴き出す汗をぬぐいながらコンバインを操作した。(高新)


わたしが学生の頃はまだコンバインが普及しちゃあせざったき、お百姓さんは皆、鎌で稲を刈りよった。このバイトを学生の時にやったことがあるが、バイト料は確か一日8千円じゃったと記憶しちゅう。その当時の大卒の初任給が3万円弱。バイト料に惹かれてやったものの、真夏の炎天下の元、朝5時から夕方の7時まで。1日でダウンしてしまった。お百姓さんには頭が下がる。

 
クリックをちくと頼みます。

にほんブログ村 地域生活ブログへ

乃無太郎著、短編小説集「邂逅」でじたる書房より発売中!
Secret

TrackBackURL
→http://ryomajaki.blog7.fc2.com/tb.php/116-f27616aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。