上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 吾川郡いの町が「デマンド(予約)タクシー」を旧吾北村など3地域で初めて約7ヶ月になる。
これがなかなか好評で、述べ932人が利用したらしい。殆どは高齢者が利用じゃと。
 これは中山間地域の住民の足として定着しそうな。

 高知県内の主要河川の堰(せき)に設けた魚道71基のうち、魚類の遡上が困難か不可能なものが9割を超えちゅうと。
 魚道が土砂で埋まったり、放置された状態じゃと…これは維持管理の問題じゃのぉ。
スポンサーサイト
ユズ果汁を絞ったあとの皮を利用してユズの香りがする魚のブリを高知大学農学部のグループが研究して、生臭さのないなどの成果が上がりゆうらしい。昨年は試験的に生産した5千匹を大手回転ずしチェーン店が全国で販売したらしい。これはなかなか良い所んい目を付けたものじゃ。新たな高知ブランドができるし、捨てるユズの皮の再利用という点でも良いことじゃ。
一方、須崎市浦ノ内灰方の県水産試験場が、宿毛市の特産かんきつ類「直七(なおしち)」の果汁を使った餌で、
カンパチとマダイの試験養殖に取り組んでいる。どうも、かんきつ類の成分が生臭さを抑制する効果があるようじゃ。
昨年から安芸郡北川村と連携し、新たな観光資源や魅力の発掘に取り組んでいる高知県立大学(県大)の学生がこのほど、同村の旅行プランをまとめた。森林浴や魚梁瀬森林鉄道の散策などを巡る「女子旅」「家族旅」「大人の修学旅行」の3案を提案。村は提案を生かして旅行会社とツアー商品を作り、春にも売り出したい考えだ。

 この連携事業は、若い観光客の誘致を目指す村が、「若者のアイデアを貸してほしい」と県大に協力を要請。昨年6月から本格的に始まった。
 文化学部2~4年生の女子学生約20人が村を数回訪れ、中岡慎太郎館や「モネの庭」などを見学。住民からユズ栽培の歴史なども学び、アイデアを練ってきた。
 その結果、いずれも1泊2日の3案をまとめ、村に提案書を提出。村面積の約95%を占める山での森林浴や、村内を流れる奈半利川でのキャンプ、国の重要文化財に指定されている森林鉄道遺構の散策、田舎ずし作りなどを盛り込んだ。
 学生は提案書で「原点に立ち返って、自然の美しさ、懐かしさ、温かさをアピールしよう」「住民と触れ合うことで、村の魅力を知ってもらうことができる」などとポイントも指摘している。
 村は「何度も足を運んでもらい、住民とも交流してもらった上での提案。女性ならではの視点もあった」と早速、活用を決定。高知市内の旅行会社との協議に入っている。
 村と県大は2013年度も引き続き連携を図る考えで、学生の受け入れを担当する村観光協会も「自由な考えで、一層多くのアイデアを出してもらいたい」と期待している。

【写真】昨年10月の北川村訪問時に、旅行プランの素案を説明する学生(同村役場)
北川
 安芸市赤野甲の国道55号沿いにある「赤野休憩所」のリニューアルがほぼ完了。眼下に広がる太平洋と海岸に延びる砂浜を望み、雄大な夕日の風景などをドライバーらが楽しんでいる。
 同休憩所は約30年前、海岸線のサイクリングロードの休憩所として整備。サイクリング客らが利用していたが、公衆トイレの老朽化などで、県安芸土木事務所が2009年から改修してきた。
 新たにオリーブや芝生を植栽し、トイレはバリアフリー化。南イタリアをイメージしたというあずまやの屋根の先には内原野焼のナスのオブジェも。周囲の塀は海の眺望に配慮した。
 あずまや周辺からは太平洋の大海原と安芸郡芸西村にかけて延びる琴ケ浜を一望。夕暮れ時などに立ち寄るドライバーも多く、美しい風景を眺めたり、カメラに収めたり。絶景スポットとして人気を集めそうだ。(高知新聞)

【写真】眼下に太平洋と琴ヶ浜が広がる赤野休憩所(安芸市赤野甲)
akano.jpg
 四万十市の天神橋商店街振興組合(国吉康夫理事長)が昨年末まで放送されたドラマ「遅咲きのヒマワリ」の舞台になった同商店街周辺のロケ地を紹介するマップを作製し、無料で配っている。
 同振興組合はドラマの撮影と放送を受け、昨年12月に「ひまわり応援隊」を結成。ドラマを録画したDVDを「〝すり切れる〟ほど」(同振興組合)見て作製したという。
 マップは、第7話で主演の生田斗真さんが記念写真を撮影した「田村写真館」やオープニングシーンで使われた一條神社の階段、キャストの宿泊場所やサインの展示場所などを幡多弁で詳細に紹介している。
 A4判で、同商店街内の「天神橋商店街ちゃれんじshop TJB」前で配布。国吉理事長は「ロケ地に選んでもらったチャンスを生かして、町のにぎわいにつなげたい」と期待している。
 問い合わせは同応援隊の大田文雄隊長(0880・35・3017)へ。(高知新聞)


tonbo.jpg

 四万十市具同のトンボ自然公園で、1匹のキトンボが寒さに耐え、生き残っている。同公園を運営する「トンボと自然を考える会」の杉村光俊常務理事は「先月の降雪にも耐えたのは奇跡」と驚いている。<高知新聞>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。