上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高知県出身、元参議院議員、平野貞夫氏の「憲政史に残る民主党十六名の志士」を紹介する。

 2月17日(木)、民主党衆議院議員16名が「民主党政権交代に責任を持つ会」(通称:民主党国民の声)を結成、「民主党・無所属クラブ」の岡田克也会派代表に会派離脱届けを提出した。同時に新会派届けを衆議院事務局に提出したが、岡田会派代表から16名の議員が離脱した旨の届けがなされるまで、新会派届けは衆議院事務局預かりとなった。

 突然の出来事で、永田町は大騒ぎとなった。ほとんどの政治家と記者たちは、この十六名の活動と手続の真意を理解できないようだ。岡田会派代表に至っては、「会派離脱届は無効だ」と、司法試験勉強中の学生のような発言をしている。とても政治家の感性を持っているとはいえない。新会派結成宣言を真摯に読むべきだ。宣言文は「菅政権は国民との約束・マニフェストを捨て、政治主導の御旗も捨て、国民の生活が第一も捨て、本来の民主党そのものを捨て、民主党の支持の上に比例代表で当選した我々の存在意義すらも打ち消した」と、単独比例で選出された国会議員の心の叫びを列挙している。そして「我々は民主党と国民との約束の上に存在する比例代表の議員だからこそ、本来の民主党の姿とはかけ離れた今の菅政権にはもう黙っていない」と、はっきりとその覚悟を示している。久しぶりに見る政治家としての志に敬意を表したい。

 私は昨年以来、わが国の議会政治の劣化、特に国会議員の志の低さと、見識のなさを批判し続けてきた。先週のメルマガ・日本一新で、「完全にファシズム化した民主党が、このままの状況であってよいだろうか。民主党所属議員たちよ、エジプトの民衆の方がましだと言われないよう、国家の危機に対処して欲しい。来週の動きを期待して注目している」と結んでおいたが、16人の志士は「日本一新の会」の願いを見事に果たしてくれた。

 この16人の「民主党政権交代に責任を持つ会」のこれからの展開を予測しておこう。前例のないことだと、新会派の結成を葬ろうとする意見があるが、実は前例があるのだ。平成7年1月17日、当時の社会党で山花貞夫衆議院議員ら17名が、村山自社さ政権に反対し、社会党に会派離脱を提出したことがある。丁度、この日の早朝に阪神淡路大震災が発生し、この会派離脱届けは国会で議論されることなくウヤムヤとなった。手続としてどういう問題があるかといえば、岡田会派代表の主張する「無効論」は間違っている。同じ党籍で会派を複数持つことは理論的にはあり得ることだ。

 地方議会では自民党籍のまま二つの会派が存在するのはざらにある。現に金沢市議会では、民主党員で「金沢民主議員会」と、「民主クラブ」の二つの会派がある。国会では法規的に妨げるものはない。かつて、菅首相が所属していた「社民連」という政党が、「社会党会派」と「民社党会派」に所属していたことがある。このことについて議院運営委員会で議論した前例がないだけである。

 その議論を始めるためには、岡田会派代表が16人が離脱した旨の届けを出すことが必要となる。多分、岡田会派代表は党の方針に従わないとして、党規違反の処分をしてくる。16人の志士たちには、菅政権と岡田執行部の行動こそ「党規違反」として、民主党の機関に提起して議論すればよい。しかし、岡田執行部は異常な党運営で引き延ばしを図ることになろう。結局は、ある時点で党の離脱「新党の結成」やむなしとなる可能性がある。

 となると、統一地方選を目前に「衆議院解散」という緊張状況を背景に、民主党内の問題を離れ、与野党にわたって、菅政権を継続させることが国益となるか、という政変モードとなろう。そこで混乱を深めるか、冷静にわが国の政党政治のあり方について議論が起きるか、重大なポイントである。折から地方政党の活動が注目されている。16人の志士の決断は、このようにわが国の政党政治の構造・システム改革のきっかけになる可能性がある。「日本一新の会」は、こうなることを期待してる。

京都から日本を変えよう
 東京は永田町で、民主党16人の志士の決断により、菅政権やマスメディアの大騒ぎが収まらない18日の午後、私は京都で、「日本一新の会」の行事に参加した。日本一新の会・京都支部で「河上みつえ元衆議院議員後援会主催の「居酒屋ミニ集会」に出席のためだ。せっかくの機会なので、多くの人が集まりやすい、「四条河原町」で街頭演説もやろうということになった。

 京都といえば、幕末に日本を改革した原点であった。私の人生の師、故前尾繁三郎元衆議院議員議長の出身地・選挙区でもあった。まず、嵯峨・清涼寺の前尾先生の墓参りからスタートさせた。墓前で政治状況を説明し、日本に真の議会民主政治 ── 国民の幸せを第一とする政治の確立に尽力された意志を実現させることを誓った。

 「四条河原町」の街頭演説は、メールなどで呼び掛けた関西の「日本一新の会」のメンバーを中心に大勢の市民が駆けつけてくれた。

 まず、小沢塾出身の大谷啓衆議院議員が、混迷する民主党内の状況と再建を誓った。そして、会派離脱届を提出した16人の志士の一人である渡辺義彦衆議院議員が、決断への経緯と覚悟を示すとともに、これからの方針を語った。さらに河上元衆議院議員が力一杯、志士への連帯の意を表明するとともに「京都から日本を変えたい」と支援を訴えた。

 私は、土佐は四万十川・足摺岬生まれで、京都の戦乱の落人が先祖であることから話を始め、現在の日本政治で最優先すべきことは、菅首相の退陣により、党派を超えて健全な常識を持つ政治家で救国・選挙管理政権を樹立すべきだと訴えた。

 最大の理由は、エジプト改革から始まった中東の問題が紛争から戦争に変わる可能性があり、世界の混乱が激しくなる中で、菅首相では日本は生き延びていけないことである。更に、日本政治の劣化の最大の原因は、政党の劣化である。既成政党である民主党・自民党・公明党・共産党・社民党は、いずれも二十一世紀の変質した資本主義と情報社会の中で、いかなる政治を行うべきか、反省も展望も持っていない。どの政党も民意を代表し、指導する能力を失っている。

 民主党の16人の志士の動きは、彼らが意識していないかも知れないが、政党政治を改革する出発点である。天命が16人の志士にそれを命じたといえる。この京都には昔から秀れた政治家が出て活躍した歴史がある。現在でも、谷垣自民党総裁や前原外務大臣がいるが、この人たちがどの程度、自己の利害を捨て、国家と国民、そして人類に尽くせるか、新しい政治の仕組みを真剣に考えて欲しい。

 民主党に会派離脱届けを出した16人の志士のことを、巨大メディアは口をそろえて、背後に小沢一郎がいるとか、単独比例の生き延び策と、意地悪く中傷している。私には彼らの志が新しい日本をつくる原点になることがはっきりと見える。既成政党と巨大メディアの不条理な生き残りを許してはならない。16人の志士の行動は、多くの国民が心で考えていることを実行してくれたと思う。

 坂本龍馬は生きている。十六人の志士の心の奥深く───!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。