上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国会審議を見るのがつらくなるような政治が続いている。菅内閣の対応の酷さが原因だが、攻める側も大した事がない。言葉尻を捉えてつつくような追及ばかりで国家の現状を正面から論じない。だから内閣支持率と同様に野党の支持率も低調である。国会の論戦はまるで噛み合わず、出来の悪い漫才のボケとつっこみを見させられているようだ。

 原因を作った菅内閣の政権担当能力について私は全く驚いていない。3年前の大連立騒ぎの時に民主党の中に「民主主義を否定する」とか「大政翼賛会と同じだ」と言って、大連立を否定する人たちが居た時から想像された事だからである。その人たち自身はまだ分かっていないだろうが、あの時の政治無知が今報いを受けているのである。

 3年前の参議院選挙で自民党は結党以来初めて参議院第一党の座を失った。「ねじれ」が生まれ、衆議院で三分の二の議席を持っていても政権運営は思うようにならなくなった。その瞬間から政治の世界は「ねじれの恐ろしさ」を知る者と知らない者とに分かれた。知らない者の代表例は安倍元総理である。選挙後直ちに続投を表明した。正気の沙汰とは思えない判断である。だから無様な辞任に追い込まれた。

 民主党は知らない者ばかりの集団だった。選挙結果に浮かれて「次の衆議院選挙で政権交代だ」と息巻いていた。確かに衆議院の過半数を握れば政権は取れる。しかし民主党は参議院第一党だが過半数を握っていなかった。政権を取っても「ねじれ」が起きて、連立しなければ何も出来ない。それも考えずに「政権交代」だけを叫んでいるのはただの政治無知である>。

<前文を読む・田中良紹「国会探検」>
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。