上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回、小沢一郎氏に対して、検察審査会は「起訴相当」をメンバー11人全員で決めた。この全員というところが腑に落ちないところがある。鈴木宗男氏は検察審査会の可視化を訴えているが、同感である。この検察審査会について「きっこのブログ」では仕分けしろと言っている。以下転載する。

検察審査会を仕分けしろ!

小沢一郎の政治資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、小沢一郎は「不起訴」になってたけど、謎の市民団体による告発を受けて、検察審査会が審査をして、「起訴相当」ってことになった。これは、不起訴処分を妥当とする「不起訴相当」、不起訴処分に疑問があるとする「不起訴不当」、不起訴処分は間違っているとする「起訴相当」の中の一番重い結果だ。これで、検察は、これからまた小沢一郎のことを捜査して、3ヶ月後までに起訴するかどうかの答えを出さなきゃいけなくなった。そして、もしもまた「不起訴」にした場合には、もう一度、検察審査会が召集されて、2回目の検察審査会でも「起訴相当」になったら、検察の見解は関係なく、小沢一郎は強制的に起訴される。

で、あたしの予想としては、「起訴相当」→「検察は新たな証拠を見つけられずにまた不起訴」→「2回目の検察審査会でも起訴相当」→「強制的に起訴」→「事件性を立証できるだけの証拠もないのに無意味な裁判が始まる」→「長い時間と莫大な税金が無駄に使われた挙句に結局は立証できずに無罪」っていう流れになると思う。だって、どんなことをしても小沢一郎を犯罪者にしたかった東京地検特捜部が、1年間も必死になって国策捜査をして来たのに、それでも何の証拠も見つからずに起訴を断念したんだよ。それなのに、これから3ヶ月で事件性を立証できるだけの証拠が見つかるワケはないし、そんな状況で起訴なんかしたら、裁判で大恥をかくのは検察だ。

だから、検察は起訴できないけど、有権者の中からクジ引きで決められたシロート集団、検察審査会の11人は、裁判で有罪にできるかどうかなんて関係ない。検察が意図的に作った調書を見せられて、そこに書かれてる内容と、これまでにマスコミが垂れ流して来た「検察リークの嘘ニュース」による先入観だけで、「不起訴相当」「不起訴不当」「起訴相当」の中からどれかを選ぶだけだ。つまり、裁判のことなんて考えずに、無責任に「起訴相当」って決めることもできる。だけど、強制的に起訴して裁判が始まれば、事件性を立証できるだけの証拠がないまま公判が続いてくワケだから、どんなことをしても有罪にはできない。つまり、最初から無罪判決になることが分かってる無意味な裁判が行なわれるワケで、こんなバカバカしいことに、あたしたちの血税がたくさん使われちゃう今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか。   続きはこちらから

スポンサーサイト
今年のゴールデンウィークは「龍馬伝」効果もあって、高知県への観光客が期待される。中でも桂浜への観光客で車の渋滞が懸念される。そこで、以下のような渋滞対策が実施される。

平成22年5月1日(土曜日)から5日(水曜日)の5日間。午前7時から午後6時まで。
桂浜進入口,浦戸トンネル西側信号付近において一般車両を規制する。


詳しいことは(社)高知市観光協会のページで
高知新聞掲載によると、厚生労働省の元局長、村木厚子被告(54)が虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた文書偽造事件の裁判で大阪地裁は5月26日、検察側が求めていた厚労省関係者らの供述調書の証拠採用を認めるかどうか、判断を示す。

証拠賛否の鍵となるのは、検察の取調べの正当性だ。これまで18回あった
公判では、捜査段階で村木被告の関与を認めたとされる厚労省関係者らが証人として出廷し、次々と自身の調書の内容を否定。序盤から検察側の構図が崩れた。
 法廷では「検事から『特捜なめるなよ』何度も言われ、調書に署名した」「『ほかの同僚が認めている』と言われた」など、取調べの内幕をさらすような証言が相次ぎ、証人出廷した民主党の石井一参院議員も「何か政治的な意図があるのか」と捜査に疑問を示した。
 郵便制度悪用に絡む事件の構図が崩れ、窮地に立った検察側は調書の信用性回復に全力を傾注。取調べを担当した大坂地検特捜部の検事ら6人を証人として投入した。
 「大声は出したが、暴行や脅迫はない」「元部下は泣いて被告の指示を認めた」など、取調べの正当性を強調する戦術に打って出た。
 ところが狙いとは裏腹に、捜査のほころびを指摘される場面もしばしば。たとえば、証人が取調べで村木被告の関与を否定したのにその部分の調書がない。検事ら6人全員が取り調べ状況を記録したメモを破棄していたことも発覚。
 刑事裁判では供述調書に高い信用性を認めることが多い。だが裁判員裁判が始まり、法廷での肉声を重視する流れは強まっている。
 元最高検検事の土本武司氏は、今回は証拠採用されるケースと予想するが、「裁判官は法廷での証言を信用する傾向が強く、調書と証言を比べた上で無罪にする可能性は十分ある」と検察側の有罪立証には厳しい見方を示している。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。