上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ッ場ダム:自民、民主側に4925万円 受注業者が献金

2010年2月24日 12時7分 更新:2月24日 15時44分

 八ッ場(やんば)ダム関連工事を受注した業者が群馬県内の自民、民主両党の政党支部などに、06~08年の3年間で計4925万円を献金していたことが24日の衆院国土交通委員会で明らかになった。民主党の中島正純氏が国交省、群馬県の資料と県に提出された政治資金収支報告書をもとに分析した資料を示し、前原誠司国交相に調査を要求。前原氏は「できる限り調査したい」と答弁した。

 中島氏によると、01~08年度に国や群馬県が発注した同ダム関連工事(100万円以上)のうち、264件を受注した業者が自民と民主の同県内の選挙区支部や職域別支部など計22政治団体に献金していた。内訳は自民党が19、民主党が3。献金額は代表者が国会議員(元職を含む)の団体は自民が7団体で1370万~60万円、民主が1団体で24万円。県議や首長(同)では自民が12団体で765万~13万円、民主が2団体で32万円と30万円。最多は自民の上野公成元参院議員の1370万円だった。

 中島氏の追及に対して、前原氏は「調べていないので談合があったかは分からないが、客観的に見れば談合が行われていたのではないかという状況だ」と述べた。【石原聖】



毎日新聞のこの見出しだけをみると、

誰が見たって、自民と民主にそれぞれ4925万円を献金と思える。

ところが記事の内容を読んでみると総額で4925万円、民主には86万円で、残りの4839万円が自民。

本当に意図がありあり、マスコミはマスゴミといわれる所以である。

それにしても この姑息さ、あきれてものが言えない。
スポンサーサイト
大臣の記者会見をフルオープンにすると真の開かれた政治が行われるようになる。
従来の記者クラブだとお互いにもちつもたれるという構図が生まれる。その典型が小沢問題の検察のリーク問題である。そこにはどうしても既得権が生じてくる。だから記者クラブはフルオープンを必要以上に嫌う。だが報道の自由を叫ぶなら、フルオープンが当然である。

 オープンになると大臣も質問する記者も真剣勝負になる。そこには馴れ合いは生まれない。従来のようにマスメディアによって国民をある一定の方向に誘導することもできにくくなる。

 小沢幹事長は最初から記者会見はオープンでやっている。岡田外相は就任してすぐにオープン化に踏み切り、記者クラブのぶら下がり会見の二本立てでやっていたが、今回、ぶら下がりを拒否した。亀井金融大臣、原口総務大臣、小沢鋭仁環境大臣も記者会見のオープン化に向けて努力しているようだ。鳩山総理はオープンにするといったが、記者クラブの抵抗にあいオープン化されていない。一日も早い政治とメディアの関係のオープン化を望む。

上杉隆の「ぶら下がりを拒否した岡田大臣と、記者クラブに勝利した亀井大臣に拍手」
女子カーリング、スウェーデンに敗れて残念。でもロシア戦の大逆転の感動は心に残る。

各選手の談話
◇経験足りなかった
 目黒萌絵 第7エンド(のミスショット)はゴミが石にかんでしまった。自分の責任。作戦ミスもあった。プレッシャーが掛かる大舞台での経験が足りなかった。
◇私の力不足
 本橋麻里 チームを盛り上げる試合をすることが目標だった。私の力不足。アイスを読めないという不安を持ちながら投げていた。五輪の場で1勝する厳しさを感じた。
◇追い込んでしまった
 山浦麻葉 何としても期待に応えたいと臨んだけど、前半は考え過ぎて何も決められなかった。自分で自分を追い込んでしまった。(五輪シーズンは)苦しい年だった。
◇これが現状
 石崎琴美 五輪は特別な舞台だとは思わなかった。結果には全然満足していないけど、これが現状。チームとして力を出せなかったのは反省点。いい経験にしたい。
◇準備足りなかった
 近江谷杏菜 最後まで信じて試合を見ていた。今まで世界規模の大会でプレーしたことがなく、そこでいかに自分の力を発揮するかが大事。準備が足りなかった。
◇レベル高くなった
 阿部晋也監督 力を出し切れなかった感がある。世界との差は本当に小さなもの。ストーン1個分の位置の違いを出せるかの戦い。新しい勢力が上がってきて世界のレベルは高くなった。(時事)


高知市の中心街活性化のために、「まんがロード」の計画があるが、反対である。こんな事で活性化にはならない。
今朝の高知新聞に作家の板東真砂子氏の「海望記」でこの「まんがロード」について意見を述べられているので引用する。

最近では、高知市内に「まんがロード」なるものを整備しようという動きもある。漫画のキャラクター彫像がずらりと並ぶ計画らしいが、そんなものがお目見えしたら、私はその道は歩きたくない。20,30年は簡単に保つ彫像に、流行を土台とするマスメディアの申し子である漫画のキャラクターをもってくる意識がわからない。一過性イベントへの熱狂は「龍馬伝」で充分だ。景観という、本来、100年200年のスパンで考えなくてはいけないものは、別個に考えるくらいの「大人」であって欲しい。
 漫画は漫画でひとつの文化であると思う。しかし、県として、漫画文化に強く焦点を当ててアピールすることは、県民みんな子供であるという幼児性を打ち出していることでもある。高知県人がそれを善しとするならばいいが、少なくとも私は、無理矢理、幼稚園児服を着せられるようで、厭で仕方ない。



全く同感である。前後するが、またこのようにも書かれている。

誤解を恐れずにいわせてもらえば、漫画は子供の文化である。私がかねがね情けなく思っているのは、高知が県を挙げて「まんが王国」として観光アピールをしていることだ。高知市内や県内のあちこちに臆面もなく現れる漫画の看板やキャラクター像。線路には、でかでかと車体いっぱいに漫画の描かれた電車や列車が走っている。ここは幼稚園か遊園地か、と思ってしまう。



 この夏には東京の銀座に地場産品のアンテナショップがオープンするようだが、これなんかも他県のまねごと。売れている沖縄県にしても経営は赤字という。赤字は宣伝費と思えばよいという発想そのものが理解できない。
高知県は本当に視点を変えていただきたい。
4回転、尻餅付いても どうだ 軽いもんさ
(時事通信)

高橋大輔選手、フィギュアスケート男子初のメダル
昨年3月15日、小沢一郎氏の第一秘書大久保氏を不当とも言える形で逮捕、そして今年1月13日に小沢氏の元秘書2人を逮捕した。だが結局小沢氏は不起訴になった。方や大阪地検は民主党の石井一参議員名がちらつく郵便不正事件で当時の厚生労働省局長村木厚子氏を逮捕。村木氏は当初から無罪を主張している。2月15日、第6回公判が行われたが、証人が調書を翻し、村木氏の無罪を証言している。

この二つの件は民主党潰しの何ものでもない。
この件を伊藤博敏氏は「ニュースの深層」で『厚労省「村木公判」で暴かれている大阪特捜の「壮大な虚構」東西で民主党を狙った検察の思惑』というタイトルで詳しく述べている。
二月十二日、衆議院予算委員会で与謝野馨氏が質問に立った。幾つもの大臣を勤め、総裁候補にもなった、あの与謝野氏とは別人である。

彼の質問を聞いてあまりにの品格のなさに私は目を疑った。自民党は世も末だと改めて痛感した。
 
 これに関して的確に書かれているブログがあるからご覧になってみて下さい→「南華のブログ」
今月の3日、東京地検は週間朝日の山口一臣編集長に上杉隆氏の書いた記事に関して聞きたいという電話があったが、編集長は出張で、今日は行けないと言うと、ファックスで抗議書がおくられてきた。それに対して山口一臣編集長と上杉隆氏の連名で抗議書を東京地検の谷川恒太次席検事に送った。そのウラ話を週間朝日「談」に掲載しているので紹介する。

■誌面じゃ読めない「検察の『抗議』に抗議」のウラ話

 お騒がせした東京地方検察庁からの「抗議書」の顛末についてはすでに説明させていただいたとおりです。内容については2月19日号で筆者の上杉隆さんが論駁したように、まったくお話にならない「虚偽」に満ちたシロモノでした。そこで、週刊朝日は同号の上杉さんの記事にしたがって、「抗議書」に対する抗議と、新たな質問事項を書面にして東京地検の谷川恒太次席検事に送りました(別掲)が、当然のように返事はありません。

ただ、2月19日号掲載の上杉さんの反論記事に対しても、いまのところ抗議書も呼び出しもきていないので、検察は一連の〝違法捜査〟に関する上杉さんと週刊朝日の指摘を認めたものと解釈させていただきます。



 それにしてもなぜ、検察はあのような「虚偽」に満ちた抗議書を送りつけてきたのでしょう。

 検察内部の「関係者」から聞いた話では、上杉さんが最初に書いた、〈検察が何の罪もない若い母親である女性秘書を騙して呼び出し、10時間近くにわたって「監禁」し、「恫喝」を繰り返すという信じがたい人権侵害をしていた〉というスクープ記事を読んだ心ある読者や一般市民から、東京地検に抗議の電話が殺到したそうです。当該号が発売されたのが2月2日で、翌々日の4日には石川起訴、小沢不起訴発表というイベントを控え、当日までに「なんとかしろ!」と上級庁からきつく言われたらしいのです。

 そこで、あわてた地検の谷川次席検事が編集長のわたしを呼びつけ、抗議の意を申し入れ、抗議書を渡すセレモニーがやりたかったようなのです。それが石川起訴の前日、3日のことでした。ところが、すでに説明させていただいたとおり、わたしが出張で不在のため、やむなく抗議書のみをファックスで送ってきたというわけです。

 わたしは帰京後、ぜひ谷川さんにお会いしてお話をうかがいたく、何度か地検に電話を入れたのですが、「ご足労いただく必要はありません」ということになったのは、そういう事情があったようです。要するに、その日でなければ意味がない。もはや、わたしを呼んでも手柄にならない。わたしは不要になったわけです。



 しかし、事態はすでにご存じのとおり、抗議のためにわたしを呼びつけようとしたことが「スワ、地検から出頭要請か?」「週刊朝日の編集長が捜査妨害で逮捕へ」などとツイッターを中心に爆発的に広がったため、火に油を注ぐ結果となりました。地検には「これは言論弾圧ではないか」といった抗議の電話が何倍にもなって返ってきたそうで、地検の「周辺筋」からわたしどものほうへ「なんとかならないのか?」といった話も伝わってきたほどです。残念ながら、それは編集部でもどうにもできない話でした。
つづきはこちらで

今回の小沢問題ははっきりいって検察の敗北、検察のあり方も今度問われるだろう。

 それよりも一番と割れるのがマスメディアである。報道の自由をかさに公正中立を著しくかいだ一連の報道は目に余るものがある。

 痺れを切らしたのか、ようやく江川紹子が吠え出した。

詳細はこちらで
 昨夜8時から朝日ニューススター「ニュースの深層」という番組があった。進行役がジャーナリストの上杉隆氏、お客が原口総務大臣。これを知ったのがTwitterである。そしてパソコンでその番組が見えた。これには感動した。そして、この番組の内容を津田大介がツイッターしている。
 この試みは実験的に行われたということだが、大成功である。メディアが大きく変わる歴史的瞬間の予感がした。今特にマスメディアの報道のあり方が問題視されているが、今後は必然的にマスメディアも変わらずをえなくなってくる。意図的に国民を扇動していたメディアはそれができなくなる。特に今問題になっている検察と記者クラブの関係、これは崩れざるを得なくなる気がする。

 ネットによって、特にtwitterの出現によってメディアが大きく変わろうとしている。
政治家は全員がtwitterでつぶやいてもらいたい。そうすれば、その政治家の人間性、考え方そして日常の政治活動が手に取るように分かる。そうすれば政治がオープンになり、国民も身近に感じるようになる。政治が変われば社会も変わる。
 原口大臣はツイッターを昨年12月に始めたが、大臣の政治に対する姿勢がtwitterから痛烈に伝わってくる。鳩山総理もこの正月から始めた。是非、政治家全員が初めて欲しい。
「ニュースの深層」をご覧になっていない方はUstreamの録画アーカイブファイルでご覧になれます→http://www.ustream.tv/recorded/4393054
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。