上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
27日に、麻生首相と鳩山民主党代表との党出論が行われた。
今最も国民の関心事は西松問題とこじつけて小沢前代表の件を追求しようとしたが、KYは相も変わらずである。

この討論の中でもっとも注目したのは鳩山代表が麻生首相に迫った次の内容であった。

<役所にだけはですよ、 71億円もかけて地デジ対応のテレビを入れるっていうんでしょ。7万1000台をなんで国民の皆さま方ではなくて、役所が先に地デジ対応のテレビを入れなきゃならないんですか。エコカーにしても、なんで役所は最後でいいはずなのに、最初に1万5000台。588億円ですよ。バカにならないお金ですよ。それを、あっという間に目をつぶってハンコを押してしまう。こんなことに補正予算を使っていいんですか。補正というのは、そもそも緊急性のあるものに対して使われる予算でなければならないのに、まるで緊急性がないものに平然として使われてしまっている。この国の仕組み、やっぱり官僚任せだなあ。
 その極めつけは、役所や、あるいは独立行政法人に対する施設整備費、どのぐらいだかお分かりですか。(平成21年度)本予算で6490億円だったと思いますが、本予算でも6490億円だったのに、補正(予算案)だけで2兆8000億円ついているんですよ。なんで役所の整備のために、こんなお金があっという間につけられてしまうんですか。これはまさに官僚の官僚による官僚のための予算だといわれて、お答えできますか、皆さん。官僚の悪のり、お手盛り、焼け太り、そんな予算じゃありませんか。私たちは、だからこそこういう無駄遣いを徹底的になくすために、今日まで戦ってきたんです。あなた方が本来ならばやらなければいけないことを、野党のわれわれが協力をしてやってきたんです。そのことに対して、もっとあなた方は評価をされるべきです。ぜひ、こんな無駄遣い、一掃させようじゃありませんか。そのためにも、こんな補正予算、やめようじゃありませんか>(産経新聞)

問題は本予算で6490億円だったのが、補正予算で2兆8000億円。
これに対する麻生首相の答弁はこの予算は単年度ではなく複数年度の予算であると苦し紛れの弁解。
麻生首相の口癖である100年に1度の経済金融危機、そのための補正予算であるにもかかわらず、役所や、あるいは独立行政法人に対する施設整備費に2兆8000億円の予算を組む。誰が考えてもこれは経済対策の予算ではない。
役所や独立行政法人は総選挙が行われたら、どうも政権交代になりそうだ。そうなったら予算が取れなくなる。今の麻生政権の内にそれも補正予算が最後だから、何でもかんでも予算を上げて、削られて元々という考えで、予算を上げた。そうしたらほとんど予算を取り上げてくれた。官僚はほくそ笑んでいる。
麻生総理は完全に「官僚の御用聞き」である。総理の資質なんか一欠片もない。
哀れな日本よ。だが、もう少しの辛抱じゃ。

この補正予算は今日の午後の参院本会議で野党の反対で否決されるだろう。これを受けて両院協議会が開かれるが話し合いはつかず、結局、憲法60条の衆院優越規定により同日夕に成立する。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ かまんかったら 押しとぉぜや
スポンサーサイト
今日の麻生首相と鳩山民主党代表との党首討論を聞いて
完全に鳩山民主党代表に軍配が上がった。
今さらと言いたいが、明日首相の発言内容の幼稚さには呆れてものが言えない。

 麻生首相は党首討論の中で聞き捨てならない発言をした。それは、小沢前代表の第一秘書が政治資金規正法に違反していると言い切った。第一秘書は逮捕されたが再逮捕されずに起訴になった。これから裁判で白黒がつけられるのに、総理たる者が「違反している」と言い切った。この発言は麻生首相の大きな失言である。

また最後に鳩山代表が「下らない答弁が長くて…」と言った事に麻生首相は「念を押しておきますがこれは答弁ではなく、党首討論をやっているから討論です」と勝ち誇ったように指摘する。しかしこれは鳩山代表の方が正しい。鳩山代表の質問に答えたわけだから答弁で、間違ってはいない。
一事が万事、麻生首相は内容のない国民の心に響かない夢も希望もない幼稚な発言に終始した。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ かまんかったら 押しとぉぜや
民主党代表選挙の結果は次の通り。
鳩山由紀夫候補;124票
岡田克也候補 ;95票

鳩山新代表の下、総選挙に向け挙党態勢の民主党が始動し始めるのか。
正直言って、民主党の各候補は選挙を戦いやすくなったのは確かであろう。
与党はすぐに傀儡政権だと批判するだろうが、政策も官僚に丸投げ、官僚の犬である与党には批判する資格はない。傀儡政権は紛れもなく麻生政権である。
 

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ かまんかったら 押しとぉぜや
民主党高知県連は14日、幹事会を開き、十六日の同党代表選に出馬予定の鳩山由紀夫幹事長を支持する方針を決めた。
これに対し、投票権を持つ武内則男県連代表(参院議員・県選挙区)は県連方針を尊重し、鳩山由紀夫氏に投票するとみられる。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ かまんかったら 押しとぉぜや
いよいよ民主党の反撃開始である。小沢代表は総選挙は8、9月と読んでいる。そのために11日に、代表辞任を表明したのではないかと思われる。16日には新しい代表が決まる。

小沢代表は早くも昨夜(13日)の長野県飯田市で開かれた同党衆院選候補の集会に出席し、地方行脚を再開した。今日は岐阜に入る予定。

民主党の代表戦は鳩山由紀夫幹事長と岡田克也副代表の一騎打ちとなる模様。与党は岡田氏が代表になると手強い。鳩山氏の方が闘いやすいといっているが、本心は逆だと思う。
陰湿なやり方で小沢潰しを計った自民党にしてみれば、鳩山氏が代表になると小沢潰しが失敗に終わり、逆に反撃を食らう。自民党にとってはこれが一番怖い。岡田氏が代表になれば小沢氏の求心力が弱るので自民党にとってみれば戦いやすい。

靄が掛かっていた民主党も鳩山代表の新体制で政権交代に向けて大反撃が始まるであろう。
また、鳩山氏が代表にならなかったら、小沢代表の民主党を支持していた層が離れる心配がある。また前回の総選挙つまり郵政選挙では岡田代表で民主党は痛い目に遭っている。

マスメディアにいいたいが、報道は「政治的公平」でなくてはならないのに「偏向報道」に目に余るものがある。
だから国民は冷静に情報を分析する必要がある。

まあしかし、時代は大きく変わろうとしている。姑息なことでこの流れを変えることは出来ない。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ かまんかったら 押しとぉぜや
しばらく更新を怠っていたが、昨日、小沢民主党代表が代表辞任を表明した。
発端は麻生内閣支持率が一桁になろうかという3月3日に小沢代表の第一秘書が突然逮捕された。理由は西松建設からの献金を政治団体からの献金と偽って記載したということ。だがこれには無理があった。
 法的には小沢氏側には何ら問題はない。検察側の目的は違法献金を正すためではなく、小沢代表の代表辞任が目的ではなかったかといわれている。その証拠に西松建設からの献金は自民党の多数の議員にも行われているのに、漆間官房副長官は「自民党には捜査は及ばない」と問題発言をした。
 検察側にとってみれば、小沢氏の代表続投に思惑が狂った。そこで急きょ、検察は人事移動時の忙しい3月というのにもかかわらず、全国から捜査員を拡充し、ターゲットを小沢代表本人に切り替えて捜査したが、収穫はなかった。そこでしょうことなく3月24日に秘書を起訴した。
 舞台は裁判に移された。裁判の場に移されたにもかかわらず、小沢代表の説明責任をマスメディアも追及する。裁判になった以上は説明して相手に手の内を明かす馬鹿はいない。検察も裁判で説明するといっているから、小沢代表も裁判で説明すればよいことである。

 さて、大事なことは今後の民主党のあり方である。小沢代表の昨日の記者会見の趣旨は「身を捨てて挙党一致で政権交代を実現する」ことであった。挙党体制を確立するには民主党の代表に誰を据えるかがキーポイントになる。代表選出に際して民主党内がガタついてはいけない。ガタついて喜ぶのは小沢代表を潰しに掛かった連中である。
 岡田克也副代表の名が上がっているが、個人的には疑問に思う。彼には明るさがない。国民の多数の支持を得るには基本的に明るさが求められる。
 菅直人副代表は秘書が逮捕されたときにいの一番に小沢代表に辞任するように促している。そういう意味で敵の腹を読むのに疎い。だから民主党代表の時に「年金未納問題」で簡単に辞任に追い込まれた。
 前原誠司副代表は問題外である。
 そうなると小沢代表の秘書逮捕の際に国策捜査と批判し、最後まで小沢代表続投を支持した鳩山由紀夫幹事長ということになるだろうか。代表を選出するまで民主党は正念場である。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ かまんかったら 押しとぉぜや
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。