上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伸び伸び室戸8強 宇部商に4―1 
室戸の快進撃止まらず―。第79回選抜高校野球大会第7日は29日、甲子園球場で2回戦を行い、室戸は宇部商(山口)と対戦、4―1で快勝し、初出場でベスト8進出を決めた。
 先制したのは宇部商。三回、九番打者のバント安打などで二死一、三塁から四番原田捕手が右前打の1点。室戸の反撃は六回。松本二塁手、森沢投手の二塁打2本で同点にし、勢いを取り込んだ。勝ち越しは八回。一番泉左翼手が右中間三塁打で出塁、タイムリーエラーを得た。九回はダメ押し点。小松三塁手、小谷一塁手の連打と北岡中堅手の四球の二死満塁から再び泉左翼手が打席。二番手の三上投手から中前2点打を放った。<高知新聞>


甲子園に初上陸した室戸台風が猛威を振るっている。
 初戦に優勝候補の一角「報徳」を2―1で下し、2回戦は「ミラクル宇部商」に4-1で勝ち、ベスト8進出。
さあこんどは夏の選手権大会で3度の準優勝を誇る熊本工だ。室戸台風は勢力を維持しながら、いや、勢力を増しながら熊本工と対戦だ。気象庁の発表によると室戸台風は勢力を増しながら甲子園に停滞するらしい。いや、そう願いたいものである。
 高知高の分もガンバレ室戸高!
FC2 Blog Ranking頼んだぜよ
スポンサーサイト

20070326110237.jpg
 勝利の瞬間、地面が揺れた。アルプススタンドがうねった。人々がメガホンを振り、跳び上がり、手を広げ、叫んだ。25日、甲子園球場で行われた第79回選抜高校野球、報徳学園との1回戦。はらはら、どきどき見守る大応援団の前で、「超田舎のジャガイモ集団」がピンチのたびにビッグプレーを連発。アルプススタンドも地元室戸市も、ナインのはつらつとした大殊勲に、泣いて笑って、感嘆した。「すごいぞ、この子ら」――。<高知新聞>


これがたまるか、まさかが起こった。
7回の表に室戸が2点先取、その裏からヒヤヒヤドキドキの観戦。
報徳に1点入れられて、1アウト2塁、三遊間をぬけるかというライナー、それを弘侑祐遊撃手が横っ跳びで捕り、ダブルプレイ。又、9回の裏、打たれた瞬間にホームランかなと思った球をキャプテンの中山大輔選手がフェンス際大ジャンプキャッチ。
1点差を守り抜き、優勝候補の報徳に勝った。
これからは甲子園で室戸台風が大暴れするぜよ。
FC2 Blog Ranking頼んだぜよ
いよいよ春の選抜高校野球が今日から始まった。
高知からは嬉しいことに高知高校と室戸高校の2校が出場。
tournament.gif

この組み合わせをみると室戸高校は第一回戦が優勝候補の報徳学園、大会屈指の左腕近田怜王(2年)を中心にした投手力、これをいかに打ち崩すかがカギ。初戦を突破すれば、奇跡が起きるかも?
一方、高知高校のゾーンはこれといった強豪がいないのでよっぽどのことがない限り、順当に勝ち上がれると思う。
まあしかし、甲子園には魔物がおるといわれるから、高校野球は何が起こるかわからない。
これからの12日間が楽しみじゃ。高知勢ガンバレ!

FC2 Blog Ranking頼んだぜよ
これは高知公園(高知城)三の丸の標本木(ソメイヨシノ)の桜の蕾の会話

今日もしょう冷やい風が吹きゆう。この分じゃとまだコートはぬけん。
ぬいたら、おおごとぞね。しび凍るき。
去年は全国一番に咲いた。それも早やかったぜよ。確か15日じゃったろう。
そうよね。咲いた次の日は雨じゃったき。
しょう覚えちゅうのぉ。わしぁ、記憶にないが……
写真を見せちゃおか、ほら、雨露がたれちゅうろう。
sakura

ほんまじゃ、よう撮っちょったのぉ。


高知空港の胴体着陸事故で、全日空のボンバルディア機は燃料を約360キロまで減らして胴体着陸に臨んでいたことが14日、分かった。約20分間しか飛行できない計算で、パイロットに残された着陸のチャンスはわずかだった。今里仁機長(36)が着陸後の滑走路閉鎖など空港に与える影響を考慮し、目的地を変更しなかったことも判明した。 <時事通信>



胴体着陸させた今里仁機長(36)は冷静沈着な人物のようだが、それにしても今回の機長のとった行動は100点満点ではなかったろうか。
テレビを観ていて、大阪空港に引返さず、あくまで高知空港に着陸するというコメントが流れたときに、正解と私は心の中で思った。やはり機長は空港に与える影響を考えての判断だったことが後で分かった。
胴体着陸をテレビで何度も見たが、前輪が出ている通常の着陸よりも完璧な着陸であった。いくら「冷静沈着な機長」とはいえ、高度な技術を持っていてこそ、あのような胴体着陸が出来る。
 本当に不幸中の幸いであった。
FC2 Blog Ranking頼んだぜよ
20070311144225.jpg

今日、11日は「大国さま」の愛称で親しまれる椙本(すぎもと)神社の春季大祭。創建1200年余りの歴史があり、商売繁盛、縁結びの神様として高知県内で親しまれちゅう。

春季大祭は土佐三大祭りの一つとも言われる同神社にとって1年で最大の行事ということで、多くの参拝客でごった返しよった。

FC2 Blog Ranking頼んだぜよ
2007.03.08 桜前線に異常

 気象庁のさくら開花予想によると今年は暖冬のせいで例年よりかなり早くなりそう。
 ところが、桜前線は北上するが今年は珍現象がおき、静岡の13日の開花を筆頭に高松(17日)、高知(22日)、長崎(26日)、宮崎(28日)、和歌山県・潮岬(29日)、鹿児島(31日)と南下の傾向。そのうち太陽も西から昇りだしはしないだろうか。まさかそれはないだろう。

 普段真っ先に咲く地域が開花が遅れているのは...
桜前線に異常



どういたつぜよ!桜は暖かい処から咲いていくもんじゃろぉ。違うかよ。

世の中も変わってきたもんじゃのぉ。

わしは、「休眠打破」というもんを知らざったが、健康法に水風呂と湯風呂に交互に入るががあるろう。

あの原理に似いちゅうがじゃおか。

へぇから、野球のピッチャーが投げ終わったら、氷で肩を冷やすが、それにも通じるがじゃおかのぉ。

高知は開花予想が22日かよ。

早よう咲かしたかったら、いっかい冷房にしちゃったらえいじゃいか。

誰か冷房にしたがじゃおか。きのうから、たかで冷やいが、

わしはやっぱり、ぬくいほうがええ。


FC2 Blog Ranking頼んだぜよ

20070301153311.jpg四国初の完全展示となる「伊能大図」が28日、高知に“上陸”した。伊能忠敬(1745―1818年)らが約200年前に作製した日本初の本格的な日本地図の複製で、「伊能大図フロアー展」として3月1日から、高知市五台山のくろしおアリーナで展示する。4日までで無料。

 18年度に開館15周年を迎えた県立歴史民俗資料館の主催。伊能大図は、伊能忠敬ら測量隊が1800年から約17年をかけて国内を歩き回り、忠敬の没後、1821年に完成。ほぼ畳1畳の大きさの大図214枚で、沖縄や小島を除く日本全土がよみがえる。

 28日は、同館学芸員とボランティアスタッフら約50人が大図を所有する国土地理院(茨城県つくば市)から運ばれてきた一枚一枚をフロアに並べていった。

 北は北海道宗谷岬から南は鹿児島県の屋久島まで、長さ60メートル幅30メートルに及ぶ大図。岩礁部分を茶、砂浜を黄、山を緑と色分けしており、高知城の所在地には「松平土佐守居城」の文字。各地の村や集落などの名称が書き込まれている。

 このほか、赤青の色眼鏡をのぞくと、日本全土が立体的に見える「陰影段彩余色立体図」や、明治26年から現在に至る浦戸湾の地図なども展示。1、2の両日は、歩測体験も行われる。

 同館の宅間一之館長は「形という正確さでは、現在の地図とほとんど誤差がない。現代地図の先駆けとなった地図を見て、200年前の日本を体感してもらいたい」と話していた。

 1日は午前10時―午後5時、2日から4日までは午前9時―午後7時。

<高知新聞>


kuroshio.jpg

FC2 Blog Ranking頼んだぜよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。