上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年に続いて今年も「土佐の『おきゃく』2007」

が、高知市の中心街で(3月3日~3月11日)

開催される。イベントも昨年の24種類から36

種類に増えちゅう。まあ、高知の城下に来てみい

や。詳しいことはこちらから見とおせや。
スポンサーサイト

米カリフォルニア州のシュワルツェネッガー知事は26日、オレゴン、ワシントンなど西部4州の知事を集め地球温暖化問題に地域レベルで取り組む「西部地域気候行動構想」を発表した。

 ワシントンで開催中の全国知事会の場で署名した。同知事は、「今回の合意は、米国の温暖化対策を引っ張る州のパワーを示した」と述べ、温暖化問題に消極的なブッシュ政権を地域発で動かす意図を鮮明にした。

 「西部地域構想」は、加州など5州が6か月以内に地域全域での温室効果ガス排出削減目標を定めた上で、18か月以内にそれを実施するため、市場原理に基づく排出権取引の仕組みを創設する。全米で最も先進的な温暖化対策を打ち出している加州の取り組みを他州にも広げる色合いが強く、排出削減に向けた義務的措置の導入を拒否しているブッシュ政権に挑戦するものでもある。<読売新聞>


シュワルツェネッガー知事が「西部地域気候行動構想」を発表したことはとても喜ばしいこと。
 こういう動きが他の州でも起こることを期待したい。

FC2 Blog Ranking

高知市の島崎利幸市議(72)=自民党=が、支援者を集めて開いたパーティーで社民党の福島瑞穂党首らを「機械のさびた連中」と発言していたことが23日、分かった。同市議によるとパーティーは22日で、高知市長ら約300人が出席。発言について「問題とは思っていない。国会議員が審議を拒否するのはおかしいと言いたかった」と説明。福島党首は「信じられない発言で、こういう人に政治を任せてはいけない」と反発。(共同通信)



 自民党高知市議の島崎利幸氏(72)が22日、自らの講演会で「社民党(党首)の福島さんは機械のさびきった、子どもの産めないおばさん連中を引き連れて『大臣辞めろ』と言っている」と発言した。福島氏は23日、「こういう発言はあらゆるレベルで許していけない」と強く批判、社民党高知県連を通じ島崎市議に抗議するという。

 島崎市議は23日、朝日新聞の取材に対し、22日に高知市内で開催された講演会でこの発言をしたことを認めた上で、野党が柳沢厚生労働相の「女性は子どもを産む機械」発言を批判することで「国会審議が停滞している」と抗議の意味を込めた、と説明した。

 島崎氏は「自分の性格は、言いたいことを胸にしまっておくタイプではない。これからも言いたいことははっきりと発言していく」と述べ、福島氏の抗議には「おれも大臣並みの扱いか」と語った。(朝日新聞)



 福島党首はよくテレビに出るが、馬鹿の一つ覚えで、同じことしか言わん。弁護士にしてはレベルが低いと前から思いよったが、この記事がそれを証明しちゅう。
「機会」という言葉尻を捕まえて大臣を辞任さそうとする。それが思惑どおりいかざったら知恵がないもんじゃき、審議拒否をする。
島崎市議の肩を持つわけじゃないが、市議の発言は的をえちょらよ。
福島党首は県連を通して抗議する言うもんじゃき、島崎市議も「おれも大臣並みの扱いか」と大臣になった気分。笑うたぜよ。
島崎市議は「機会のさびきった」と表現しちゅうが、さびきった機械でも油をさせば、又なんとか使い物になるようになる。まだ表現が甘いのぉ。
わしじゃったら「脳ミソの腐りきった…」と云うが、文句を云うて来るかよ。龍馬じゃき、受けてたつぜよ。
FC2 Blog Ranking
2007.02.19 雨水
筍 今日19日は二十四節気の雨水。雪が雨に変わり、雪が解け始める頃。ところが今年は雪国も雪が積もらず、暖冬。その性かお隣の県、香川県三豊市高瀬町二宮の竹林では、タケノコが早くも顔を出してきた。<写真;四国新聞>

 タケノコは刺身で良し、煮て良し、揚げて良し。食べ方はいろいろある。サラダ、散らし寿司、炊き込み御飯、中華風に炒める等々。
書いているうちに筍料理を食べたくなってきた。
kagura
高岡郡梼原町の「津野山神楽保存会」(会長=中越武義町長)が17日、東京・千代田区のJAホールで開かれた「民俗芸能と農村生活を考える会」に出演。
 公演に先立ち、同町の自然や文化がスライドで紹介され、保存会のメンバーが「四国カルスト台地に抱かれた四万十源流の町にぜひ来ていただきたい」とあいさつがあったそうな。
 神楽は「手草(たくさ)」から始まり、「天の岩戸」「鬼神退治」など8演目を次々と二時間にわたって披露。見慣れぬ神楽に最初は戸惑い気味だった観客も、中盤以降から段々慣れてきて、盛んな拍手が送られたと。
 会場では特産品の棚田米や山菜などが販売され人気があったにかあらん。
この会は3月17日に大阪市でも行われるそうな。(写真;高知新聞)


 
クリックをちくと頼みます。

今年も高知城の恒例の梅の小枝プレゼントが行われると、忘れんと貰いに云ってきいや。19日の1時半から先着200名にくれるらしい。19日云うたら月曜日じゃねぇ。へんしも行ってきいよ。いうたち、まだ日があるか。
 この前、ちょこっと上がって見てきたけんど、よう咲いちょった。

 
クリックをちくと頼みます。

昨日行われた高知競馬最終レースの3連単で346万2850円の超高額配当が飛び出したと、たまげたのぉ。
「10頭、各馬ゲートインしました。さあ、各馬一斉ににスタート、序盤からハイペースのレース展開です。早くも最終コーナーに差しかかりました。あっ、先頭の馬が失速、かわって3番手集団が上がってきました。。先頭はなんと8番人気のヒョウタンジマ、続いて2番人気のオリジナルステップ、その後に6番人気のシンボリオレゴン、ムチが入りました。ムチが入りました。そのままゴール。ひょっこり、ヒョウタンジマがきました。驚きました」というわけで、1番人気の馬が4着に沈んだため、超高額配当となったと。3連単の当たり馬券は、720通りのうち603番人気で、パソコンなどによる投票方式で1票だけ買われていたらしいが、まっこと、誰が買うちょたろう。
いままでの最高は去年の5月3日に321万2150円が出ちょったらしいが、今回はそれを25万ばぁ、上まわっちゅう。
 誰が買うたか知らんが、まあ、夢があってええことじゃ。
  
 
クリックをちくと頼みます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。