上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
筏  安芸郡奈半利町の奈半利町漁協(木下清組合長)は、同町六本松の沖約1キロに釣りいかだ2基を設置、6月10日から客の受け入れを開始する。同漁協は「いろんな魚が釣れる絶好のポイント。ぜひ楽しみに来てほしい」と呼び掛けている。

 同漁協も水揚げの減少や燃料費の高騰が悩みの種。現状を打開しようとこれまで町民グループが行っていたサンゴ遊覧船の運航を、今月から引き受けるなど観光漁業振興に力を入れている。

 釣りいかだ設置もその一環。県の水産業総合支援事業を導入し、360万円で2基整備した。釣りいかだは県東部では室戸市吉良川町や東洋町甲浦で3施設が営業しているだけで、「まだまだ需要はあるはず」と同漁協。

 いかだは縦10メートル、横5メートルでトイレも備えている。1基当たりの定員は10人。アジ、サバはもちろん、イサギ、アオリイカ、シイラ、チヌやカツオなども狙えるという。25日にはモニターの釣り客6人が試験的に“勝負”。サバやシイラ、チヌなどが次々とヒットした。計約100匹を釣り上げ、満足そうな表情だった。

 利用時間は午前6時―午後2時(いかだへ向かう出航時間は午前6時の1回のみ)。料金は高校生以上3000円、中学生以下1000円。中学生以下は20歳以上の保護者の同伴が必要。3万5000円で1基を貸し切ることもできる。弁当(800円)も配達してくれる。

 利用者は前日午後9時までに予約。午前8時―午後5時はなはり観光文化協会(0887・38・6500)、午後5―9時は同漁協(080・1992・3663)。 (高知新聞)
 
クリックをちくと頼みます。

にほんブログ村 地域生活ブログへ

スポンサーサイト
2006.05.25 岩崎弥太郎像
岩崎弥太郎
 安芸市矢ノ丸の江ノ川上公園で24日、市商店街連合会のメンバーが、地元出身で三菱財閥を率いるなど日本経済の礎を築いた岩崎弥太郎(1834~85)の銅像を磨き上げ、初夏の日差しに銅像がりりしさを取り戻した。

 連合会が28日に本町商店街で開く「安芸岩崎弥太郎まつり」を前に、訪れる人たちに銅像を気持ちよく眺めてもらおうと企画。5人が、高さ約3・5メートルの銅像に水をかけ、ぞうきんで丁寧に磨いた。作業したカメラ店経営松本健さん(47)は「銅像は市の商いのシンボル。これにあやかって街の景気も良くなれば」と話していた。

 「まつり」は同日午前10時~午後4時に開催。弥太郎の逸話に基づく寸劇の上演のほか、地元アーティスト・豆電球さんのコンサートもあり、ボンネットバス「ゴトゴト1号」が、銅像や弥太郎生家、野良時計前など市内を巡る。問い合わせは市商工水産課(0887・35・1011)へ。(読売新聞)
 
クリックをちくと頼みます。

にほんブログ村 地域生活ブログへ



アナグマ 高知市のわんぱーくこうちアニマルランドに初めて、ニホンアナグマ2頭が仲間入りし、小獣舎で公開が始まった。2頭は愛媛県立とべ動物園から借り受け、仲良くじゃれ合うなど、かわいらしいしぐさを見せている。

 2頭の名は「グリ」と「グラ」で、2歳雌のきょうだい。とべ動物園で生まれた時から人工飼育され、4月27日にアニマルランドへやってきた。「食べ盛り」で、好物の蒸したサツマイモなどを1日200グラムは食べるという。

 ニホンアナグマはイタチ科に属し、本州から四国、九州までの森林で、4、5頭の家族で穴を掘って暮らす。細長い顔と目の周りがが黒いのが特徴で、見かけや習性がイヌ科のタヌキとも似ており、違いを見つけてもらおうと獣舎は隣同士にした。

 アニマルランドでは今後、穴の代わりになる隠れ場所を造る予定で、飼育員の山崎博継さん(38)は「あくびをするほほえましいしぐさや、水を飲む時のちょっととぼけた様子を、ぜひ見に来てほしい」と話している。(読売新聞)
 
クリックをちくと頼みます。

にほんブログ村 地域生活ブログへ
バラ香南市香我美町山北の庭園「イングリッシュガーデンハウス」のバラ園が見ごろを迎え、赤、ピンク、黄色など色とりどりの花が咲き競いゆうぜよ。安岡賢之さん(70)が20年ほど前から造園して、現在148種類、160本が植えられちゅう。なかなか、見ごたえがあるき、いっぺん観に行ってみいや。高校生以上は入園料が500円いるけんど、価値はあると思うぜよ。
 今年は雨が多いきに、花持ちがちょっと心配やけんど、安岡さんが見頃をなるべく長く持たすように世話をして、皆が観にきてくれるのを待ちゆうと。
 
クリックをちくと頼みます。

にほんブログ村 地域生活ブログへ
2006.05.15 高知県香美市
 高知県の北東部、県都高知市から約15kmに位置する香美市は、高知市の中心部まで自家用車利用で約30分の位置にあります。また、香美市内にはJR土讃線の土佐山田駅(特急停車駅)、近隣には高知龍馬空港、四国横断自動車道南国インターチェンジがあり、各交通機関を利用して岡山、大阪、東京まで約1~2時間圏内となっています。
 香美市は、物部川、国分川、吉野川の源流域から高知平野の北東部に位置し、面積は約538km2となります。地形は、概ね1,000~1,800mの高峰が周囲にそびえることから急峻で、棚田、集落が広範囲に点在しています。
香美市の約9割を占める森林の多くは、剣山国定公園、奥物部県立自然公園、龍河洞県立自然公園に指定されています。また、物部川及び支流は、高知県でも有数のアメゴ、アユの釣り場であり、カワセミ、ホタルなども観察され、紅葉で名高いべふ峡、轟の滝(日本の滝百選)などがあります。
年間降水量は、平野部の2,400mmに対して山間部では4,000mmを記録することもあり、温暖な気候とあいまって森林資源の形成や農作物の育成に適した地域です。
刃物  香美市土佐山田町の伝統工芸の代表格である土佐打刃物は、400年の歴史を誇ります。日本刀の製法から生まれた各種刃物はその切れ味に定評があり、無駄を一切省いた機能的な形状が特長。近年は科学的なデータを駆使した熱処理を施しているため、切れ味、耐久性、刃の粘りともに他に類を見ない一級品として高い評価を受けています。
フラフ1
フラフ2 端午の節句に欠かせないフラフの彩色も香美市土佐山田町の誇る伝統工芸のひとつです。大きな布に時代絵巻やおとぎばなしの世界を一枚、一枚、職人の手で丁寧に色鮮やかに描いていきます。極彩色のフラフが、こいのぼりとともに初夏の青空にはためく様は圧巻です。

 温暖な気候に恵まれた中、水稲を中心に施設・露地園芸も盛んに行われています。全国的にも知名度の高いやっこねぎ、ほかに春菊、にら、青ねぎ、オクラなどの産地を形成しています。また、生姜の加工も盛んです。
 
クリックをちくと頼みます。

にほんブログ村 地域生活ブログへ
mone2 mone7

 モネは列車の窓から見たジヴェルニーの景色の美しさに心奪われ、1833年、43才で人口わずか300人のジヴェルニーに移り住みました。この地に移り住んだモネは手紙の中でこう語っています。「私は歓喜に酔っている。ジヴェルニーは私にとって最高の場所だ。」印象派の巨匠クロード・モネがその半生を過ごし、「睡蓮」など多くの名作を生み出した舞台こそがここ、ジヴェルニーなのです。理想の庭園を造り、美食を楽しみ、そして数々の名作を生み出す創作活動を続け、86才で生涯を閉じるまでこの地を愛しました。モネが精魂込めて作り上げた美しい庭園と家は復元され、現在、公園として一般公開されています。北川村「モネの庭」マルモッタンはこの庭園と家をクロード・モネ財団の指導を仰ぎながら、できる限り忠実に再現したものです。
 
クリックをちくと頼みます。

にほんブログ村 地域生活ブログへ
Tシャツ 大型連休中の風物詩「Tシャツアート展」が1日、幡多郡黒潮町の入野海岸でスタート。約1000枚の個性的なTシャツが砂浜を彩っている。6日まで。

 NPO砂浜美術館(安光平理事長)の主催で18回目。39都道府県から寄せられたイラストや写真のほか、かつて同展のボランティアスタッフを務め、現在ケニアで暮らす女性を通じて寄せられた現地の子どもたちの作品も。これらがプリントされたTシャツが、太平洋をバックに心地よさそうにはためいている。

 3―6日には下り特急「南風1号」が「海の王迎(おうむかえ)駅」に臨時停車。5日には「シーサイドびーさん飛ばし大会」も開かれる。

 
クリックをちくと頼みます。

にほんブログ村 地域生活ブログへ
日曜市  大型連休入り後、初の日曜日の30日、高知市の日曜市や高知城周辺は午前中を中心に観光客らで大にぎわいとなった。

 県内は朝から青空が広がり、気温も上昇。高知地方気象台によると、県内16カ所の観測地点のうち6カ所で25度を超える夏日を記録。高知市の最高気温は平年より少し高い23・3度だった。

きゅうりの苗を日曜市に買いにいったが、芋を洗う状態とはこのことをいうのかと思った。最初の処はきゅうりの苗が売り切れていた。次の店にあったので5本買ってきた。

市の売上は人出の割には売れなかったらしい。後半期待しましょう。

 
クリックをちくと頼みます。

にほんブログ村 地域生活ブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。