上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tako 1 土佐和紙を使った国内外6カ国の凧(たこ)作家による「世界の凧」展が29日、いの町幸町のいの町紙の博物館で始まった(4月16日まで)。「土佐和紙ツアー」として同町を訪れた作家たちは人間国宝の紙すきなどを見学し、3日間かけて凧作り。会場には土佐和紙のユニークな凧がずらりと並び、訪れた人を驚かせている。

 海外で土佐和紙を使っている人々が県手すき和紙協同組合の案内で同町の生産現場を見学するツアーは3回目。今回は、米国・シアトルの凧愛好財団「ドラッケン・ファンデーション」の一行が26日に来高した。

 米国、カナダ、オーストリア、ハンガリー、イタリア、日本の凧作家9人で、同日に紙の博物館を見学し、その場でたくさんの土佐和紙を購入。観光には目もくれず、同町鹿敷の土佐和紙工芸村で凧を3日間をかけて作った。
 
tako2 この日は、完成した約40点の凧が紙の博物館に運ばれ、作家の手で展示された。どの作品も伝統的な凧の概念を覆すようなユニークさ。極薄の土佐典具帖紙(てんぐじょうし)は、細い竹ひごと組み合わされ、ドーナツ形の凧に。およそ凧とは思えない現代アートの凧もある。「ドラッケン―」のスコット・スキナー会長は「美しくても飛ばなくては凧じゃない。創造性とのバランスです」と語る。各作家が凧作りを通して「土佐和紙の質感に魅了された」という。

 完成した凧は同日朝、仁淀川の河原で見事に空に舞った。スキナー会長は「展示された凧は美しいが、空に舞っているのが凧本来の姿でしょう。和紙の産地でエキサイティングな経験ができた」と喜んでいた。一行は30日に離高する予定。

 
クリックをちくと頼みます。

にほんブログ村 その他ブログへ


スポンサーサイト
歩道橋 高知市の中央公園前の電車通りに架かる「堺町横断歩道橋」に、県内で初めての歩道橋用のエレベーターの設置工事がほぼ完成。4月1日から使用できる。総工費は約1億2000万円。

 同歩道橋の堺町側と帯屋町1丁目側に1基ずつ設置。定員13人。車いすの乗り入れや自転車も持ち込める。防犯面や外観に配慮し、エレベーター棟(高さ約10メートル、縦約3・6メートル、横2・3メートル)の4面はガラス張りに。外壁を薄いグレーにし、歩道橋も同じ色に塗り直した。

 国土交通省土佐国道事務所によると、経費削減のためエアコンは付けず、熱吸収ガラスで対応したという。1基当たりの年間維持費は約100万円、2基で約200万円を想定している。

 車椅子やお年寄りには便利に違いない。

 
クリックをちくと頼みます。

にほんブログ村 その他ブログへ

宇宙酒  宇宙に打ち上げた県産酵母を使った日本酒「土佐宇宙酒」の第2回審査会が24日、高知市布師田の県工業技術センターで開かれ、4月1日に全国一斉発売される商品のラインアップ27点が決定した。

 土佐宇宙酒は昨年10月、ロシアのソユーズロケットで“宇宙旅行”した県産酵母を使った日本酒。県内の酒造メーカー17社が仕込みを行い、審査に通った酒だけが宇宙酒認定シールを付けて発売できることになっている。

 今月10日に続く2回目の審査会には、酒造メーカー6社が7種類の酒を出品。同センターの職員ら6人が香りや味などをチェックし、「それぞれ個性があってレベルが高い」などの評価を受け、全点が「合格」した。

 その結果、第1回審査と合わせ、計27点が土佐宇宙酒のラインアップに決定。メーカーにより価格や容量が違い、300ミリリットル入り735円から1・8リットル入り4000円まで幅広く出そろっている。

この酒を飲むと宇宙へいった気分なるろぉかのぉ。一杯飲んでみたいもんじゃ。
 
クリックをちくと頼みます。

にほんブログ村 その他ブログへ



三の丸 高知城三の丸から排水設備の遺構が2カ所見つかったと23日、県埋蔵文化財センターが発表した。高知城では初の発見。宮城県の仙台城などで確認されているが全国的にも珍しく、同センターは「雨が多い高知で排水を良くし、石垣の強度を高める設備と考えられる」としている。

 高知城の立地する大高坂山は天正16(1588)年に長宗我部元親が入城。その後、山内一豊が慶長6(1601)年に高知城の築城を命じ、三の丸は同16(1611)年に完成したとされている。

 高知城の石垣は「野面(のづら)積み」と呼ばれる、織田信長が安土城を築いた方法でほぼ築かれている。野面積みは自然石をほとんど加工せずに積み上げる工法で、同センターによると、排水設備は一豊が同10(1605)年に亡くなった後、2代目の忠義の時代に築かれたとみられるという。

 三の丸はもともとの地山に盛り土をして、それを広げて平らにする際、側面に石垣を築いている。石垣は表面の大きな「築石」と、その内部に水はけ用などの理由で詰め込んだ「裏込め石」からできている。

 今回確認された排水設備は、三の丸南側の石垣の下部から発見。裏込め石から地山側へ約20―50センチ前後の石を、長さ約3メートルにわたって重ねて延ばしていた。盛り土の中に連なるこの“パイプ状”の石のすき間を水が流れ、排水機能を果たしていたとみられる。

 同センターの坂本信之・専門調査官は「排水設備がないと、盛り土にたまった雨水の圧力で石垣が壊れやすくなる。排水設備は、どう水を逃がして城を長持ちさせるかの工夫ではないか」と話していた。

 また、今回の発掘調査では約1200点の瓦や石うすなども出土。瓦の端に丸い化粧飾りのある「桐紋軒丸瓦」一片も発見された。

 桐紋瓦は、織田信長が自己の権力の象徴として使い、その後、豊臣秀吉が功績のあった大名らに使用を許可したとされる瓦。桐文軒丸瓦の発見は平成12年の調査で発見されて以降、2例目。

にほんブログ村 その他ブログへ

クリックをちくと頼みます。

水車
 土佐市高岡町乙の鎌田用水にこのほど、直径8メートルの大きな水車がお目見えした。水辺に親しむ環境をと同市が整備したもので、春の小川の流れとともにゆっくり回る水車に、お年寄りらは昔を懐かしんでおった。

 同市を流れる鎌田用水は約350年前、野中兼山が構築。仁淀川から取水された豊かな水が田畑を潤し、農業発展に欠かせない存在じゃった。全国土地改良事業団体連合会の疎水百選」にも選ばれ、市民の生活に溶け込んでおる。

 かつてはこの辺の用水沿いには水車があちこちにあった。昔の風情をよみがえらせ、水辺の再生と水の大切さを訴えようと、昨年11月から整備した。製作は水車作りの名人、岡林荒男さん(72)=吾川郡いの町小川柳野=が担当し、総工費約3200万円で完成。

 約25平方メートルの水車小屋には、粉ひき用の臼も用意。水辺を散策できるよう柵なども備えちゅう。地元の天崎公民館に隣接しており、小学生らの環境学習にも役立てるそうじゃ。

それしても、工費が結構するもんじゃのぉ。これじゃ、めっそうよけは造れん。
上原 福留

外は春嵐のように風が強く、せっかく咲いた桜が地理はしないかと心配しながら、WBC日本対韓国戦、準決勝をテレビ観戦。桜の花びらのように散ってほしくないと願う。わしの予想は5-2で日本の勝ち。じゃが、6回までおもぐるしい試合展開、上原の好投だけが光る。わしの脳裏にいやな予感がしてきた。だが7回表、そのいやな予感を吹き飛ばしてくれたのが、代打の福留、振った瞬間ホームランとわかる2ラン、あの広い球場でよくぞ、打ってくれた。さあ、ここから流れが日本に、この回一挙に5点、わしの予想の5点じゃ。そこでわしは思った。あと韓国が2点とって、日本の勝ち。わしの予想は的中。ところがそうは問屋が卸さん、8回にもソロホームランが出て、結局6-0で嬉しい日本決勝進出。野球は筋書きのないドラマじゃ。
 まあ、韓国の選手は準決勝進出で兵役が免除になっちゅうき、ええとしいや。

にほんブログ村 その他ブログへ

クリックをちくと頼みます。
sakura 全国一番に咲いた桜の花(ソメイヨシノ)が雨に濡れている。これもまた風情があってよい。(16日撮影)

高知地方気象台は15日、高知市の桜が開花した、と発表した。平年より8日、昨年より16日早く、昭和29年の観測開始以来、2番目に早い記録。ことしは全国で最も早い開花宣言となった。

 高知公園(高知城)三の丸の標本木(ソメイヨシノ)は13日までに4輪咲いているのを同気象台の職員が確認。15日は朝こそ氷点下の冷え込みだったが、日中は最高気温が13・3度まで上昇し、同日午後、開花宣言の基準となる5輪目が確認された。

 同気象台は「桜の花芽は冬場の冷え込みによって休眠から目覚め、春の暖かさで開花する。12月の低温ですっきり目覚め、2月以降の暖かさで早く咲いたのかも」。標本木は約1週間ほどで満開になる見込みだが、三の丸ではまだ石垣修復工事が続いており、今春も花見はできない。

にほんブログ村 その他ブログへ

クリックをちっくと頼みます。


慎太郎  安芸郡北川村の国道493号と柏木地区を結ぶ村道「中岡慎太郎街道線」と「慎太郎橋」が完成し12日、落成式が行われた。同地区にある中岡慎太郎館などへのアクセス道となり、大型バイクのツーリングチームや地元住民が通り初めして祝った。

 柏木地区には幕末の志士、慎太郎の生家や中岡慎太郎館があり、県内外から多くの観光客が訪れている。しかし、国道493号から地区に入る道は狭い上、橋の荷重制限のため大型バスが進入できず、観光ツアーのコースから外れることもあった。

 同村は観光振興と住民の利便性アップを図ろうと、国道から同館までの新たなアクセス道路として、同街道線を平成10年から整備していた。全長380メートルで、このうち慎太郎橋は151メートル。幅9・75メートルの片側1車線で、総事業費は約7億5000万円。

 落成式には、大寺正芳村長や関係者ら約50人が出席。神事の後、くす玉割りやテープカットが行われた。慎太郎が組織した「陸援隊」と同名のバイク愛好グループも参加。ハーレーダビッドソンなどの大型バイク25台が、豪快なエンジン音とともに駆け抜けた。(高知新聞) (中岡慎太郎会)

にほんブログ村 その他ブログへ

クリックをちくと頼みます。




tonbo 四万十市具同のトンボ自然公園で10日、羽化の先陣を切ってサナエトンボ科のタベサナエの成虫が確認された。例年より10日前後早く、幡多地域で確認されたタベサナエに限れば、過去2番目に早い記録。

 タベサナエは黒地に黄色の斑紋が特徴で、西日本では最も早く羽化するとされる。本県では四万十川中下流域に生息。県レッドデータブックで準絶滅危惧(きぐ)種に指定されている。

 この日、同公園の職員が羽化直後に飛んでいる全長約4センチの雄を見つけた。同公園では平成2年3月9日が最も早い記録で、わずか1日の差。中村地区の2月の平均気温は9・0度と例年より2・6度高く、「トンボと自然を考える会」の杉村光俊常務理事は、「非常に寒かった昨年から一転し、今年は暖かい日が続いたので、春を早く感じたのでは」としている。

 同公園では4、5日すれば、タベサナエの羽化が本格化。その後、シオヤトンボやクロスジギンヤンマと、春トンボの羽化が次々と始まる。

 【写真説明】羽化が確認されたタベサナエ四万十市のトンボ自然公園

にほんブログ村 その他ブログへ

クリックをちくと頼みます。


絵金

 幕末の絵師、金蔵の没後130年に合わせた特別展「2時間だけのほんもの展」が12日、香南市赤岡町の絵金蔵で開かれ、収蔵するびょうぶ絵の実物20数点のうち9点が並ぶ。

 金蔵は同町を中心に創作を続けたが、1876(明治9)年3月8日に65歳で死去。昨年2月、町内会が保存するびょうぶ絵の収蔵施設として絵金蔵が建設された。住民による運営委員会を組織し、ボランティアが積極的にかかわる仕組みも定着。年間入場者が想定の2倍の約1万6000人を記録した。

 開館に当たって住民の間で展示方法について意見が分かれたが、「祭りの中でこそびょうぶ絵は生きる」として、年1度の祭礼(須留田八幡宮の夏祭りと絵金祭り)の時だけということで一致。開館当初から常設展示はレプリカになっている。特別展ではこうした“こだわり”についても紹介する。

 今回、特別展の開催日は絵金の命日の直後に設定。土間ホールに蔵の説明パネルを置き、寄り合いホールに本物9点を展示する。松島玲子副蔵長は「赤岡の町は、祭りの中で絵金文化を守ってきた気概がある。その精神を伝えるのが蔵の仕事」と話している。


 【写真説明】特別企画展で展示される「花上野誉石碑 志度寺(はなうえのほまれのいしぶみ・しどうじ)」 (高知新聞)
 
詳しいことは 「絵金蔵」HP

にほんブログ村 その他ブログへ

クリックをちくと頼みます。
龍馬、新太郎像

 京都市東山区の円山公園に立つ坂本龍馬と中岡慎太郎像の修復工事が終わり、5日、完成披露が行われた。同区内にある霊山護国神社の龍馬・慎太郎墓地の銅像も4月中に修復される予定。

 円山公園の龍馬と慎太郎像は昭和9年に建てられたが、第二次世界大戦で供出され台座だけが残った。2代目は37年に京都高知県人会初代会長の川本直水氏が建立。しかし近年、龍馬と慎太郎像の結合部分に亀裂や変色が目立っていた。

 また、霊山護国神社の像は慎太郎の持つ刀のさや部分が何者かにもぎ取られた。このため2カ所の銅像修復に向け、同県人会と龍馬・慎太郎の後援会、同神社が一昨年秋に募金活動を始め、修復工事を進めていた。

 円山公園の銅像は亀裂部分を樹脂などで強化して修復した。建立から40年余りたった雰囲気を残すため、落ち着いた塗装が施された。

 出席者らはまず、銅像の周りを清掃。完成披露では同県人会の杉本泰男会長が「修復募金を呼び掛け、目標額の105万円のめどもついた。ことしは晴れ姿で墓前祭が行える」とあいさつ。出席者らは「銅像の2人がさっぱりした感じになった」と見上げていた。

 この後、近くの知恩院和順会館に移って高知の酒で乾杯。和やかに修復を祝った。

 【写真説明】修復が終わった龍馬・慎太郎像の前で記念写真に納まる関係者(京都市東山区の円山公園)
荒川静香


トリノ冬季五輪のフィギュアスケート女子でアジア初の金メダルに輝いた荒川静香選手(24)の叔母さんが高知市知寄町に住んじゅうと。
 この叔母さんは荒川選手のお母さんのお姉さんに当たるそうじゃ。荒川選手の祖父は卓球の元国体選手だったらしい。
 このおじいさんが大手金属会社を退職した昭和54年、高知市内に住む長女(つまり荒川選手の叔母)の元に移り住み、高知で18年間暮らしたと。
 その頃、静香さんは高校生になるころまで祖父や伯母を訪ね、何度も一家で来高して、祖父らと一緒に桂浜や高知城、そして足摺岬や室戸岬にも足を運んだらいいぞね。

 静香さんは子どものころから活発で、中学生のころに高知城を訪ねたときは、家族が城内を1回りする間に3回りもしたらしいんじゃ。路面電車も珍しかったらしく、いとこたちと大喜びして乗っていたそうな。
 それにしても荒川選手が高知とこんなにも縁が深いとは、うれしいことじゃ。

にほんブログ村 その他ブログへ

クリックをちくと頼みます。
 1日から始まる県議会2月定例会の質問戦で、議会内8会派すべてが県警の捜査費問題を取り上げ、追及する構えを見せている。とりわけ捜査費の一部を「違法・不当」と認定した県監査委員の特別監査報告を否定した鈴木朝夫県公安委員長への風当たりは強く、解任を求める声も。追及は予算委員会や常任委員会審査でも続く見通しで、今定例会は波乱含みで推移しそうだ。

 県監査委員(4人中2人は県議)による特別監査報告を高く評価する各会派は、報告内容に対する県警や県警に寄り添った県公安委員会の姿勢を問題視。中でも監査結果を「事実とは受け取っていない」とした鈴木委員長の発言が議員を刺激している。

 最大会派自民党の土森正典会長は、半ばあきれ気味に「(公安委員長の姿勢は)何やろう。県警をしっかり指導するよう求めたいが」。同党からは4人が質問に立つが、後続者が「漏れた部分を突っ込む」構えだ。

 共産党と緑心会の田頭文吾郎会長も「他県の事例を見ても県警の内部調査はただの不正隠しにしかならない」と批判。会派としては、書類のマスキング(黒塗り)を外した上で監査委員に再精査を求める橋本大二郎知事の考えに同調している。

 また新21県政会の高野光二郎代表は「(監査報告の)指摘以上の不正があるのではないか」と疑惑をさらに深め、県民クラブの江渕征香代表は、県警と公安委が不正認定の根拠の説明を監査委員側に求めたことを「筋違い」と批判。公明党の池脇純一会長は「公安委はなぜ監察を指示しないのか」と疑問をぶつける。

 県政会の中内桂郎氏も「県警と公安委員は謙虚さが足りない」と手厳しいが、同会派の岡崎俊一代表は県警と監査委員の関係悪化を懸念する。

 鈴木委員長に対しては、新政会の朝比奈利広代表が「内部調査する前からあの発言。軽率極まりない。資質を疑う」、市民の声・仁清会の森祥一代表も「公安委員は議会の同意案件。それが軽んじられている」と県議会全体で問題を追及する必要性を強調する。

 一部議員からは「知事は公安委員長を解任すべきだ」との強硬論も出始めているが、県の当初予算案に計上された捜査費900万円の取り扱いも含め、ここ数年来の“荒れる2月県議会”が今年は捜査費問題を軸に展開される可能性が大きい。 (高知新聞)


県警を指導する立場の鈴木朝夫県公安委員長が、捜査費の一部を「違法・不当」と認定した県監査委員の特別監査報告書を「事実とは受け取っていない」という発言、これほど県民を愚弄した発言はない。県民を舐めきっちゅう。議会で徹底的に追求してもらわんと県民の怒りは収まらんぜよ。それにしても、呆れてものがいえんのぉ。困ったもんじゃ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。