上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ressa-panda.jpg

千葉市の動物園で直立するレッサーパンダが話題になっているが、香美郡野市町の県立のいち動物公園のレッサーパンダ「タイヨウ」(雄、1歳10カ月)も、きりりとした立ち姿を見せている。
同園によると、タイヨウは屋外展示場から室内に戻る午後4時が近付くと、中へ入るのをせがむように3秒ほど立ち上がる。給餌の時間に飼育員が近付く時も、おねだりするように立ち上がり、時には数歩だが歩くことも。同園によると、レッサーパンダはササなど頭上の餌を食べるので、立ち上がることは珍しくないという。

 「レッサーパンダはかわいいし、いろんな動きをするので、ぜひ見に来て。立ち上がる姿が見られるかも」と同園。タイヨウも「僕も立てるがでぇ」――。

 【写真説明】二本足で立つ「タイヨウ」(県立のいち動物公園)
<高知新聞>


にほんブログ村 その他ブログへ
スポンサーサイト
2005.05.23 家庭菜園
tomatos.jpg
トマトの実がだいぶ大きくなってきた。
家庭菜園は楽しい。

jagaimos.jpg
これはジャガイモの花。

今、ジャガイモにトマトをついじゅう。

5日になるが、枯れてないき、

成功してポマトが出来たらええけんど、楽しみじゃ。

◇ともに東京の角川美術生まれ
 今月27日に建立から喜寿を迎える桂浜の坂本龍馬像と、室戸岬に立つ盟友の中岡慎太郎像。県の依頼を受けた地元の研究家の調査で、龍馬像の鋳造工場が分かったが、中岡像も同じ鋳造所で作られており、両像は兄弟像だったことが判明。県のシンボルといえる両像の関係に、専門家らは「これまで鋳造場所があまり注目されていなかったため、思いもかけない新発見」と驚いている。
 ◇判明の経過
 関係者によると、龍馬像の製造先の手かがりは台座に刻まれている鋳造者「角川健治」の名だけで、どこで作られたかは不明。一方、中岡像は「中岡慎太郎全集」(宮地佐一郎編)に、「1935(昭和10)年3月、本山白雲氏銅像を角川鋳造工場より発送」という記録が残っていた。
 昨年10月、高知市公営事業事務所長で坂本龍馬研究家の吉松靖峯さん(58)が県の依頼を受け、龍馬像の鋳造所の調査を開始。吉松さんは、龍馬像建立の提案者である元早大生、入交好保さんの手記から「銅像の製作状況を聞きに行くため東京の田端に向かった」との記述を発見。鋳造者である「角川健治」と「田端」をヒントに東京都北区上中里の角川美術鋳造所を突き止めた。
 ◇鋳造所
 角川美術鋳造所は現在、健治さん(62年に76歳で死亡)の長男の作太郎さん(88)らが経営。当時の名前は角川鋳金工場だった。吉松さんは昨年12月、作太郎さんと面談。龍馬像の図面は空襲で焼失していたが、作太郎さんは「龍馬像は父が作製した」と証言。さらに、「中岡慎太郎全集」の記述通り、中岡慎太郎像も同鋳造所で作ったとも語った。吉松さんは「像の銘や作太郎さんの証言から、この鋳造所で龍馬像が製造されたのは間違いない」と強調する。
 ◇本山白雲
 “龍馬・中岡像の兄弟説”を補強する材料も。
両像の原型を作ったのは宿毛出身の著名な彫刻家、本山白雲(1871~1952)。作太郎さんによると、白雲の作品の多くを健治さんが手掛けている。「彫刻家と鋳造者の結びつきは強く、信頼関係が築かれると、彫刻家が鋳造者を替えるケースは少ない」と中岡慎太郎館(室戸市)の豊田満広学芸員は指摘。その点からも中岡像を作製した健治さんが、以前に龍馬像を作った可能性は極めて高い。
  ×  ×  ×
 県立美術館の梶光伸学芸員は「これまでうちの美術館でも鋳造所の調査をしてきたが、場所までは特定できなかった。しかも、中岡像も同じ鋳造所で作られたと聞き、驚いている。今回の発見は両像の詳しい製作状況を知る上で大変貴重」と評価している。【米山淳】
………………………………………………………………………………………………………
 ◇坂本龍馬像
 建立は1928(昭和3)年。大きさは銅像5.3メートル、台座が8.18メートル、重さは約3トン。当時、早大生だった入交さんら県青年団が約2万5000円の募金を集めて製作。元陸援隊副隊長の田中光顕らも協力した。
 ◇中岡慎太郎像
 龍馬像建立から7年後の1935(昭和10)年に設置。大きさは銅像、台座ともに龍馬像と全く同じ。中岡の出身地である安芸郡の青年団が桂浜を訪れ、「中岡先生の像を」と募金活動を展開し、費用を工面した。

5月19日朝刊
(毎日新聞)
阪神の今秋のキャンプの申し入れが今年2月に牧田俊洋・球団社長から松本憲治・安芸市長にあり、同市長が快諾していたそうな。
 秋季は2002年から星野仙一・シニアディレクター(前監督)の出身地である岡山県倉敷市で行ってきたけんど、これで安芸での秋季キャンプ開催と、来季の春季キャンプが1軍は沖縄・宜野座との2部制、2軍は安芸市で行うことが正式に決まった。阪神ファンにはドンドン来てもろうて高知県にお金をドンドン落としてもらわんと貧乏県はやっていけんき、阪神ファン、頼みますぜよ。暖かく迎えますき。
 1軍の前半の沖縄キャンプは許しちゃらぁ、キャンプが始まったら高知はひよぉ(寒く)なるき、無理もない。
 何いうたち阪神タイガースは、安芸キャンプが似合うき。
これで来季は阪神の優勝で決まりじゃ。これはちくと気が早いか。
2005.05.05 GWも終盤
2005_0504jidaiemaki0016s.jpg

GWも、はや終わりじゃ。
きのう、ちょこっと高知城でやりゆう「土佐時代絵巻」覗いてみたが、たかで人が出ちょった。
高知城は昨年の25%増の観光客じゃったと、嬉しいことじゃ。
県外のお客さん、来年も頼みますぜよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。