上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.01.02 新年
明けましておめでとうございます
スポンサーサイト
日本には「清き明き心」を何よりも大切にする伝統があるが、中韓はウソにまみれた「避諱(ひき)」の国と、元高校校長・一止羊大はいっている。詳しいことは以下に紹介する。


 古来、日本には「清き明き心」を何よりも大切にする伝統がある。日本人のDNAにしっかりと息づいた美徳と言ってよいものだ。

 地方へ行くと、道ばたに野菜などの無人販売所が無防備に置かれているのをよく見かけるが、お金を払わずに品物だけを盗んでいく人がいるという話はあまり聞いたことがない。この無人販売所の存在は、正直を尊ぶ日本人の「清き明き心」を象徴するものの一つだ。評論家の黄文雄氏(台湾出身)は、日本人の心性を「誠・施・和・公・浄」の5文字で表し、「誠実で、人に施し、平和を好み、公共心に富み、汚いことを嫌う」と称揚している。

 国内では当たり前のこの価値観も、残念ながら国外では全く通用しない現実がある。世界には平気でウソをつく国や、他国の物を自国の物だと言って恥じない国があるのだ。

 例えば韓国がそうだ。竹島問題は、戦後、韓国が敗戦国日本の弱い立場につけこんで島を不法に奪い、実効支配を始めたことから生じたものだ。「従軍慰安婦」問題も、日本をおとしめるために作られた真っ赤なウソ話が元になっている。拓殖大学教授の呉善花氏(韓国出身)は、韓国を「虚言と虚飾の国」と形容し、「ウソつき大国」だと断罪している。「どうしてこの民族はこんなに自己中心的なのだろうか」と嘆いてもいる。

 中国はさらにひどい。自ら日本領と認めていた尖閣諸島を、70年代に入って突然、自国領だと主張し始めた。まさに尖閣問題は、中国の利己的な欲望と帝国主義的領土拡張志向の産物なのだ。日本の領海に入り込み、島に上陸し、日本の巡視船に船を体当たりさせ、飛行機で領空を侵犯する等の無法行為を重ねている。
「中国の島を日本が盗んだ」と口汚く罵(ののし)り、戦後の国際秩序を日本が破壊しているとまで非難する。反日デモという名の暴動を繰り返し、放火、略奪、暴行、破壊など無法の限りを尽くしたのも記憶に新しい。公海上の海上自衛隊護衛艦などに射撃管制用レーダーを照射したにもかかわらず、抗議を受けると日本のでっち上げだと嘯(うそぶ)く。黄文雄氏は、中国の国民性を「詐・盗・争・私・汚」の5文字で表し、「ウソをつき、盗み、人と争い、個人の利益を追い求め、そのためには汚いことも辞さない」と解説している。

 韓国人や中国人が平然とウソをつくのはなぜか。工学博士の林思雲氏(中国出身)などによれば、韓国や中国では、国家や家族にとって都合の悪いことや不名誉なことは隠すのが正義であり、そのためにウソをつくのは倫理的に正しい行為なのだという。韓国人や中国人のこの一般的な心性は、日本では全くなじみのない「避諱(ひき)」という儒教上の概念でくくられるのだそうだ。いやはや、日本人とは真逆の国民性ではないか。

 日本には「清き明き心」に通底する謙虚・謙譲・謙遜といった価値観もあり、それが自虐教育の背景の一つにもなっていると思われるが、この心情も「避諱」の国には全く通じない。他人を悪く言うことを慎む日本では、他国の性悪な面を学校で子供たちに教えることを避ける傾向があるが、日本人の美徳は大切にしながらも、世界には日本の価値観が通じない現実があることを正しく教えていく必要がある。

 ウソにまみれた国を相手にするには、それなりのしたたかさと覚悟が不可欠なのだ。

                      ◇

【プロフィル】一止羊大

 いちとめ・よしひろ (ペンネーム)大阪府の公立高校長など歴任。著書に『学校の先生が国を滅ぼす』など


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」4月12日のブログを以下に紹介する。

◆小沢一郎代表を切り捨て、創業者の鳩山由紀夫元首相に逃げられた民主党(海江田万里代表、細野豪志幹事長、輿石東参院議員会長)がいま、蟻地獄の責め苦にあい、滅亡寸前にある。アベノミクス景気に支えられて内閣支持率70%台をキープして快調な安倍晋三首相の風圧に吹き飛ばされて,蟻地獄から脱出できず、ズルズルと沈み行くばかりである。
 しかし、総選挙が終わって4か月になろうとしているのに、なぜ、国民有権者の支持を得られないかの根本原因を見失っていることに、民主党首脳部は、まだ気づいていない。ここに、救い難さがある。
 実は、簡単なことなのである。「民信無くば立たず」という孔子の言葉を忘れている。要するに、菅直人元首相と野田佳彦前首相が、「マニフェスト違反」をして国民有権者を騙したのが、致命的なのだ。消費税増税法案を強引に国会で成立させたことだ。これは、もはや取り返しがつかない。であるならば、この2人は、議員バッチを外して、政界を引退すべきだったのである。
 もう1つは、いまの民主党は、国民有権者に「夢を配れなくなっている」ということだ。以前にも書いたけれど、ナポレオンの言葉を思い出していただきたい。ある人に「トップ・リーダーとはいかなる人物を言うのか」と聞かれて、「夢を配る人」と答えた。ナポレオンについて行けば、「大きな夢を実現できる」と言う意味である。戦国時代、豊臣秀吉が、「中国大返し」をする途中、姫路城に入り、つき従ってきた将兵に言った。「この城にある金銀財宝すべてを、みなに分け与える。これからは、どこへ去ろうとも構わない。ついてきたい者は、ついてきてもよい」と声を張り上げた。すると、大半の将兵が、走ってつき従い、「山崎」の戦場を目指したという。
◆ところが、いまの民主党は、国民有権者に対して「ウソ」をついた者が、何食わぬ顔をして居座り続けている。これでは、国民有権者の信頼、信用を回復できるワケがない。ましてや、同志である仲間を「嫌いだから」と言って排除し、平気で切り捨てるのでは、「義理も人情もない」集団だと思われており、多くの国民有権者を集めることはできない。
 そして、民主党には、鳩山由紀夫元首相が掲げた「友愛民主主義」をボロ雑巾の如く捨ててしまっている。いまは、大勢を集める「旗印」がない。政治理念も、政治哲学もなく、はっきり言えば、「魂」がない。ただの抜け殻である。これでは、政党とはとても言えないのである。だから、国民有権者に「夢を配る」どころではなく、絶望の淵に陥れるのみである。最悪なのは、民主党首脳陣が、この極めて単純なことに気付いていないことである。
◆週刊新潮が4月18日号で「参院選後は瓦解でミニミニ政党! 沈没秒読み『民主党』から逃げ出す『政治家』共に沈む『政治家』」という見出しで、民主党の近未来を予測している。
その参院議員選挙の投開票日まで、丁度100日を残すばかりとなっている。このまま座して死を待つか、支離滅裂に走り回って、ネズミの集団自殺と同様に断崖絶壁から海に飛び込むか。迷っている暇はない。
少しでも助かりたいのであれば、やはり、選挙のプロである小沢一郎代表を呼び戻すか、生活の党と連携するかしかない。併せて、「東アジア共同体研究所」を設立したばかりの鳩山由紀夫元首相とも連携して、いま一度「友愛精神」を旗印に掲げ直して、国民有権者に「夢を配る政党」として立ち上がるしかない。それができないならば、民主党は、アベノミクス旋風に吹き飛ばされて、粉々になって玉砕するしかないのである。

昨年から安芸郡北川村と連携し、新たな観光資源や魅力の発掘に取り組んでいる高知県立大学(県大)の学生がこのほど、同村の旅行プランをまとめた。森林浴や魚梁瀬森林鉄道の散策などを巡る「女子旅」「家族旅」「大人の修学旅行」の3案を提案。村は提案を生かして旅行会社とツアー商品を作り、春にも売り出したい考えだ。

 この連携事業は、若い観光客の誘致を目指す村が、「若者のアイデアを貸してほしい」と県大に協力を要請。昨年6月から本格的に始まった。
 文化学部2~4年生の女子学生約20人が村を数回訪れ、中岡慎太郎館や「モネの庭」などを見学。住民からユズ栽培の歴史なども学び、アイデアを練ってきた。
 その結果、いずれも1泊2日の3案をまとめ、村に提案書を提出。村面積の約95%を占める山での森林浴や、村内を流れる奈半利川でのキャンプ、国の重要文化財に指定されている森林鉄道遺構の散策、田舎ずし作りなどを盛り込んだ。
 学生は提案書で「原点に立ち返って、自然の美しさ、懐かしさ、温かさをアピールしよう」「住民と触れ合うことで、村の魅力を知ってもらうことができる」などとポイントも指摘している。
 村は「何度も足を運んでもらい、住民とも交流してもらった上での提案。女性ならではの視点もあった」と早速、活用を決定。高知市内の旅行会社との協議に入っている。
 村と県大は2013年度も引き続き連携を図る考えで、学生の受け入れを担当する村観光協会も「自由な考えで、一層多くのアイデアを出してもらいたい」と期待している。

【写真】昨年10月の北川村訪問時に、旅行プランの素案を説明する学生(同村役場)
北川
 安芸市赤野甲の国道55号沿いにある「赤野休憩所」のリニューアルがほぼ完了。眼下に広がる太平洋と海岸に延びる砂浜を望み、雄大な夕日の風景などをドライバーらが楽しんでいる。
 同休憩所は約30年前、海岸線のサイクリングロードの休憩所として整備。サイクリング客らが利用していたが、公衆トイレの老朽化などで、県安芸土木事務所が2009年から改修してきた。
 新たにオリーブや芝生を植栽し、トイレはバリアフリー化。南イタリアをイメージしたというあずまやの屋根の先には内原野焼のナスのオブジェも。周囲の塀は海の眺望に配慮した。
 あずまや周辺からは太平洋の大海原と安芸郡芸西村にかけて延びる琴ケ浜を一望。夕暮れ時などに立ち寄るドライバーも多く、美しい風景を眺めたり、カメラに収めたり。絶景スポットとして人気を集めそうだ。(高知新聞)

【写真】眼下に太平洋と琴ヶ浜が広がる赤野休憩所(安芸市赤野甲)
akano.jpg
 四万十市の天神橋商店街振興組合(国吉康夫理事長)が昨年末まで放送されたドラマ「遅咲きのヒマワリ」の舞台になった同商店街周辺のロケ地を紹介するマップを作製し、無料で配っている。
 同振興組合はドラマの撮影と放送を受け、昨年12月に「ひまわり応援隊」を結成。ドラマを録画したDVDを「〝すり切れる〟ほど」(同振興組合)見て作製したという。
 マップは、第7話で主演の生田斗真さんが記念写真を撮影した「田村写真館」やオープニングシーンで使われた一條神社の階段、キャストの宿泊場所やサインの展示場所などを幡多弁で詳細に紹介している。
 A4判で、同商店街内の「天神橋商店街ちゃれんじshop TJB」前で配布。国吉理事長は「ロケ地に選んでもらったチャンスを生かして、町のにぎわいにつなげたい」と期待している。
 問い合わせは同応援隊の大田文雄隊長(0880・35・3017)へ。(高知新聞)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。