上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 安芸市赤野甲の国道55号沿いにある「赤野休憩所」のリニューアルがほぼ完了。眼下に広がる太平洋と海岸に延びる砂浜を望み、雄大な夕日の風景などをドライバーらが楽しんでいる。
 同休憩所は約30年前、海岸線のサイクリングロードの休憩所として整備。サイクリング客らが利用していたが、公衆トイレの老朽化などで、県安芸土木事務所が2009年から改修してきた。
 新たにオリーブや芝生を植栽し、トイレはバリアフリー化。南イタリアをイメージしたというあずまやの屋根の先には内原野焼のナスのオブジェも。周囲の塀は海の眺望に配慮した。
 あずまや周辺からは太平洋の大海原と安芸郡芸西村にかけて延びる琴ケ浜を一望。夕暮れ時などに立ち寄るドライバーも多く、美しい風景を眺めたり、カメラに収めたり。絶景スポットとして人気を集めそうだ。(高知新聞)

【写真】眼下に太平洋と琴ヶ浜が広がる赤野休憩所(安芸市赤野甲)
akano.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。