上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝の高知新聞の社説は良かった。

【マイナス成長】将来像を論じなければ
2009年04月28日08時05分
 日本経済は戦後最悪の水準まで落ち込む。二〇〇九年度の政府経済見通しはこうした厳しい認識を示した。
 実質国内総生産(GDP)成長率をマイナス3・3%とみる。昨年十二月には0・0%としていたが、大幅に下方修正した。〇八年度の実績見込みもマイナス3・1%で、二年連続のマイナス成長に直面している。
 政府は、追加経済対策のため過去最大の財政出動を盛り込んだ〇九年度補正予算案を国会に提出した。それによるGDP成長率の押し上げ効果を1・9%と想定している。
 この対策がなければ、5%を超える落ち込みに見舞われることになる経済状況だ。同時に、大規模な追加対策を施してもなおマイナス成長を覚悟しなければならないところに問題の難しさがある。さらに、下振れのリスクさえ指摘されている。
 世界同時不況に直撃され、日本経済を支えてきた輸出は大きく減少している。自動車や電機など外需依存度の高い業種への影響が大きい。世界全体でもマイナス成長が見込まれる状況だが、日本の落ち込みは、米国やユーロ圏より大きいとの予測さえある。
 米欧の景気は引き続き低迷し、アジア経済も引き続き減速するとの見方が有力だ。日本は外需依存が強まっているだけに、輸出の回復が鮮明にならなければ国内景気が上昇に転じる道筋は明確にはならない。景気の下振れ要因として、与謝野財務相が海外の動向を指摘することが現状を物語る。
 一方、補正予算案は、財源の穴埋めに十兆八千百九十億円の国債を追加発行する。〇九年度の発行額は四十四兆円台にまで膨らみ、歳入に占める割合は戦後最悪となる。税収の占める割合は初めて50%を割り込む。国の借金は膨らむ一方だ。
 バブル崩壊後、景気回復こそ最優先とばかりに財政出動が重ねられてきた。今回の世界同時不況でも同じようだ。それに伴い財政の危機的状況が加速していく。
 重い政治の責任
 景気の底割れは防がなければならないが、予算を膨らませるだけでは問題が大きい。借金を次代につけ回しして、目先をしのぐだけでは景気が回復しても本物とは言えない。
 近年の急激な財政再建路線は、地域経済や社会保障などに重大な影響を与えた。今また新たに借金が膨らみ、増税も取りざたされる。少子高齢化が進む中、つけの重さはこれまで以上のものとなることは必至だ。
 内需主導への転換が言われながら、外需依存の傾向が強まった。国際競争にさらされて人件費は削減され、家計を直撃した。雇用は大きく揺らいでいる。これでは内需の主力である個人消費に力強さは生まれない。もう一方の柱である設備投資にも響く。
 過去の経済対策が日本の体質強化につながったのか、あらためて検証することも必要だ。非効率なことが繰り返されてはならない。まして、衆院選をにらんだ一時しのぎは許されない。
 将来像が明確にされないことが不安を増幅させる。構造転換が求められていることは明らかだ。新たな成長分野をどこに求め、何を削らなければならないのか。将来戦略に基づいた対策が不可欠だ。
 政治の役割は大きい。目先の対応に追われるだけでは結局は政治不信を強める。丁寧かつ骨太の補正予算案の審議を望みたい。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ かまんかったら 押しとぉぜや
スポンサーサイト
2009.02.10 しだれ梅
IMGP2112.jpg
庭のしだれ梅がきれいに咲いたき、マクロ撮りしてみた。

日本の社会もこの花のように パット明るくなればえいけんど、

今は我慢のしどころかよ?

麻生内閣支持医率14%(7.8日、朝日新聞世論調査)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ かまんかったら 押しとぉぜや
高知じばさんセンターでフラワーフェスティバルをやりよったきに
ちょいと行ってみた。たかでの人じゃった。
花は良いもんじゃ。心を和ましてくれる。
IMGP0374_1.jpg

IMGP0365_1.jpg

IMGP0341_1.jpg

【人気blogランキング】かまんかったら 押しとぉぜや
参院選も投票まであと10日になった。各党首も全国遊説に忙しい。ところが安倍総理はもう一つ人気がないようだ。
福岡の街頭演説でもこんな光景が見られたようである。公明党の比例代表候補は安倍総理の到着前に選挙カーに上がって
演説をし、総理の到着前に選挙カーから降り、一緒に並ばなかった。総理が到着するまでは公明党の支持者が大勢詰め掛け、候補者の連呼。
ところが総理が到着した際は歓声が少なかったようで、2年前の衆院選で小泉純一郎首相が同じ場所に来た時と比べ聴衆は数分の1と自民党関係者は漏らしていたそうである。
一方、 参院選高知選挙区に立候補している自民党現職の田村公平氏は16日、高知市内で演説し、安倍首相が掲げる「美しい国」づくりについて「意味がよく分からない。絵に描いた『美しい国、日本』で応援に来て、適当なことばかり言われたら、バカにされた気がする」と痛烈に批判した。ということは今の安倍内閣の政策は地方を馬鹿にした、無視した政策である。これに対して安倍総理は高知での応援を取りやめることにした。これは首相サイドの「意趣返し」との見方が出ている。
その反面、参院選の応援遊説で、自民党内で麻生外相、小池防衛相、小泉前首相、安倍昭恵首相夫人の4人が候補者から引っ張りだこになっているそうで、その中に安倍総理の奥さんが含まれているのは皮肉である。
どうも総理の演説内容は絵空事に聞こえてくる。年金記録不備問題でも「1年以内に解決する」といっているが、素人が考えても難しいと思う。ところが18日の福岡の街頭演説では「私の内閣で必ずすべて解決していくことをお約束する」とニュアンスが変わってきている。また、「新しい美しい国をつくっていくため、どうか私たちに力を与えてください」訴えているが、田村公平氏ではないけど、地方で聞くと余計に実感が湧いてこない。まあ、こう云うところが世論調査の結果にも表れている。
FC2 Blog Ranking頼んだぜよ
20070301153311.jpg四国初の完全展示となる「伊能大図」が28日、高知に“上陸”した。伊能忠敬(1745―1818年)らが約200年前に作製した日本初の本格的な日本地図の複製で、「伊能大図フロアー展」として3月1日から、高知市五台山のくろしおアリーナで展示する。4日までで無料。

 18年度に開館15周年を迎えた県立歴史民俗資料館の主催。伊能大図は、伊能忠敬ら測量隊が1800年から約17年をかけて国内を歩き回り、忠敬の没後、1821年に完成。ほぼ畳1畳の大きさの大図214枚で、沖縄や小島を除く日本全土がよみがえる。

 28日は、同館学芸員とボランティアスタッフら約50人が大図を所有する国土地理院(茨城県つくば市)から運ばれてきた一枚一枚をフロアに並べていった。

 北は北海道宗谷岬から南は鹿児島県の屋久島まで、長さ60メートル幅30メートルに及ぶ大図。岩礁部分を茶、砂浜を黄、山を緑と色分けしており、高知城の所在地には「松平土佐守居城」の文字。各地の村や集落などの名称が書き込まれている。

 このほか、赤青の色眼鏡をのぞくと、日本全土が立体的に見える「陰影段彩余色立体図」や、明治26年から現在に至る浦戸湾の地図なども展示。1、2の両日は、歩測体験も行われる。

 同館の宅間一之館長は「形という正確さでは、現在の地図とほとんど誤差がない。現代地図の先駆けとなった地図を見て、200年前の日本を体感してもらいたい」と話していた。

 1日は午前10時―午後5時、2日から4日までは午前9時―午後7時。

<高知新聞>


kuroshio.jpg

FC2 Blog Ranking頼んだぜよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。