上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前夜祭が雨で流れた「よさこい祭り」、昨日は心配していた雨も昼から上がり、高知の城下に鳴子が鳴り響いた。
IMGP2385_1.jpg

一方、高校野球、「高知ー如水館」の試合は雨が降る中、定刻の8:30に試合が始まったが、5-6とリードされている高知の5回表の攻撃、1アウト1塁のとき、試合は昨日に続いて中止された。2日続いてのノーゲームは夏の甲子園では初めてのことらしい。
3度目の正直、今日は第4試合に組まれている。
高知のよさこい祭りの熱気が甲子園にも届いてくれることを期待する。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ かまんかったら 押しとぉぜや
スポンサーサイト
DSCF1215.jpg
DSCF1216.jpg
甲子園出場を決めた瞬間

第91回全国高校野球選手権県大会最終日、今日30日春野球場で行われ、高知が3―2で明徳を振り切り、3年連続13度目の優勝を果たした。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ かまんかったら 押しとぉぜや
私は広陵のファンではないが、昨日の決勝戦は高校野球ファンにとっては実にあと味の悪い試合だった。佐賀北の三番副島の満塁打を心から褒め称える気にはなれない。
副島の前の打者に対する3-1からの玉は真中低め、誰が見てもナイスストライク、あれをストライクに取らなかったら、投手は真中高めに投げるしかない。
そんな判定が何度かあった。結局、副島に高目のスライダーを投げた。それを見事レフトスタンドに運ばれた。
広陵の野村投手よ、全国の高校野球ファンはその点はちゃんと見ているから落ちこむんじゃない。
君には何の慰めにもならないだろうが、長い人生できっと今回のことは生かされると確信する。

20070404154420.jpg室戸の応援が日本一!――。第79回選抜高校野球大会の大会本部は最終日の3日、応援団賞の最優秀賞に室戸高校(室戸市室津)を選んだ。地域が一つになり、ナインを勇気づけた大声援は出場32校の頂点に輝いた。

 同賞は、第70回大会(平成10年)から出場32校の1回戦の応援を対象にチームワークやユニークさを審査。最優秀賞1校と優秀賞5校を選んでいる。本県出場校の受賞は初めて。

 同校にはこれまで応援団がなく、有志の男子生徒や女子バレー部員、野球部マネジャーら約20人が3月半ば、急きょ結成。大会まで十分な日程のない中、「自分たちができる精いっぱいの応援を」と練習を重ねた。

 大会では友情応援の室戸中、高知南中・高の吹奏楽部とともに、漁師町・室戸ならではの「おいらの船は三百トン」や「南国土佐を後にして」など地元住民らの心を熱くする曲を演奏。

 メガホンを振り、鳴子を打ち鳴らし、選手や「室戸」の名を叫びながらの涙と笑顔の大声援で「あんな応援は初めてやった」とナインの一人が涙を流すほどだった。<高知新聞>



ひょっと奇跡が起こるかのしれんと以前にブログに書いたが、なんと応援で奇跡が起こったちや。これがたまるか。

FC2 Blog Ranking頼んだぜよ


伸び伸び室戸8強 宇部商に4―1 
室戸の快進撃止まらず―。第79回選抜高校野球大会第7日は29日、甲子園球場で2回戦を行い、室戸は宇部商(山口)と対戦、4―1で快勝し、初出場でベスト8進出を決めた。
 先制したのは宇部商。三回、九番打者のバント安打などで二死一、三塁から四番原田捕手が右前打の1点。室戸の反撃は六回。松本二塁手、森沢投手の二塁打2本で同点にし、勢いを取り込んだ。勝ち越しは八回。一番泉左翼手が右中間三塁打で出塁、タイムリーエラーを得た。九回はダメ押し点。小松三塁手、小谷一塁手の連打と北岡中堅手の四球の二死満塁から再び泉左翼手が打席。二番手の三上投手から中前2点打を放った。<高知新聞>


甲子園に初上陸した室戸台風が猛威を振るっている。
 初戦に優勝候補の一角「報徳」を2―1で下し、2回戦は「ミラクル宇部商」に4-1で勝ち、ベスト8進出。
さあこんどは夏の選手権大会で3度の準優勝を誇る熊本工だ。室戸台風は勢力を維持しながら、いや、勢力を増しながら熊本工と対戦だ。気象庁の発表によると室戸台風は勢力を増しながら甲子園に停滞するらしい。いや、そう願いたいものである。
 高知高の分もガンバレ室戸高!
FC2 Blog Ranking頼んだぜよ

20070326110237.jpg
 勝利の瞬間、地面が揺れた。アルプススタンドがうねった。人々がメガホンを振り、跳び上がり、手を広げ、叫んだ。25日、甲子園球場で行われた第79回選抜高校野球、報徳学園との1回戦。はらはら、どきどき見守る大応援団の前で、「超田舎のジャガイモ集団」がピンチのたびにビッグプレーを連発。アルプススタンドも地元室戸市も、ナインのはつらつとした大殊勲に、泣いて笑って、感嘆した。「すごいぞ、この子ら」――。<高知新聞>


これがたまるか、まさかが起こった。
7回の表に室戸が2点先取、その裏からヒヤヒヤドキドキの観戦。
報徳に1点入れられて、1アウト2塁、三遊間をぬけるかというライナー、それを弘侑祐遊撃手が横っ跳びで捕り、ダブルプレイ。又、9回の裏、打たれた瞬間にホームランかなと思った球をキャプテンの中山大輔選手がフェンス際大ジャンプキャッチ。
1点差を守り抜き、優勝候補の報徳に勝った。
これからは甲子園で室戸台風が大暴れするぜよ。
FC2 Blog Ranking頼んだぜよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。