上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自民・民主の連立構想は水泡と化した。わしは残念でならん。
今、国会が開かれちゅうけんど、ねじれ国会で法案が一つも通らん。税金の無駄遣いじゃ。
民主党は法案を参院に出して可決しゆう言うけんど、衆議院にいけば、秘訣される。意味をなさん。
それなら、小沢代表が言っていたように連立を組んで民主党の意向を法案に盛り込む。法案の立案中に自民党に押し切られたら、参院で否決すればいい。だから自民党も民主党の意見を聞かざるをえん。
わしは日本では政権交代が理想的にはできんとおもうちゅう。なぜなら、今の二大政党政策は基本的にはあまり変わらん。白か黒の政党ではないき。国民も政権交代できる二大政党が出来たらよいと思うちゅうけんど、これは幻に終わると思う。
今でも自民・公明の連立内閣じゃ。けんどこの連立は公明党がいかんせ、議員数が少ないき、どうしても自民党の言いなりになりやすい。これが民主党だったら、衆議院では自民党、参議院では民主党が議員数が多いので対等に主張が出来る。そうなると落ち着くところは国民にとってベターな法案になる。そうは思わんかよ。

今回、小沢代表が連立案を党内に持ち帰った。ところが民主党幹部の誰もが反対した。小沢の落胆ぶりは相当なものだったと思う。だから翌日に代表の辞表を決意した。ここがまた小沢一郎の欠点。これから時間を掛けて党内を説得しなければならなかった。
ところが今回小沢一郎の従来と違うところは辞意を翻した。それには連立を組むには民主党の数が必要である。自由党の時に自民党(小渕内閣)と連立を組んだが、1年半で辞めた。数がないと自分達の政策は通らないということの教訓がある。
小沢一郎にとっては代表辞意を決意した時、自分の政治生命は終わったと覚悟したはずである。ところが幸いかな、党員一致で小沢続投が決まった。小沢のいう二大政党制実現の為の夢がつながった。
でも今度の総選挙で民主党が過半数をとるのは無理なわけで、衆院選挙前の連立はもうないわけで、後の連立に向けて、今から民主党内をまとめていく必要がある。まあ、その時間が出来たわけだ。
それにしても民主党はまだまだ青二才ぜよ。

【人気blogランキング】かまんかったら 押しとぉぜや

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。