現在、高知の路面電車に速度計がついているのは70両のうち1両だけ。これに目をつけたのが高知行政評価事務所(総務省(行政評価局)の高知県における地方支分部局)。この事務所がこのほど国土交通省四国運輸局に対して土佐電気鉄道に設置させるよう通知した。

これに対して土佐電気鉄道側には速度超過による事故は起きていないし、必要ないという言い分はあるが、ここは御上には逆らえない。結局一台に月約100万円をかけ速度計を導入することになった。

これは賛否両論がありそうですが、如何でしょうか?
【人気blogランキング】かまんかったら 押しとぉぜや