上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安部前首相に続いて福田首相の突然の辞任。これは呆れるばかり。
これは首相自身の質の問題というよりそういう総理しか選出できない自民党そのものに問題がある。つまり自民党政治の末期現象に他ならない。政権死守のための延命治療に限界がきた。「国民のために」という口先だけの政治、つまり詐欺的政治が通用しなくなってきた。解散総選挙をやれば自民党は大敗することをいちばん自民党自身がわかっているから、少しでも伸ばそうと最後のあがきをしている。あがけばあがくほど溺れるように自民党も同じ状態になっている。続けての総理の突然の辞任で自民党政権の終焉の足音が聞こえてくる。



こんなに国民を愚弄した政治はない。自民党は一回、野に下るべし。
とにかく、解散総選挙をやって国民の民意を問うことが先決。政治に風穴を明けんとはじまらん。

【人気blogランキング】かまんかったら 押しとぉぜや
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。