上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知市の島崎利幸市議(72)=自民党=が、支援者を集めて開いたパーティーで社民党の福島瑞穂党首らを「機械のさびた連中」と発言していたことが23日、分かった。同市議によるとパーティーは22日で、高知市長ら約300人が出席。発言について「問題とは思っていない。国会議員が審議を拒否するのはおかしいと言いたかった」と説明。福島党首は「信じられない発言で、こういう人に政治を任せてはいけない」と反発。(共同通信)



 自民党高知市議の島崎利幸氏(72)が22日、自らの講演会で「社民党(党首)の福島さんは機械のさびきった、子どもの産めないおばさん連中を引き連れて『大臣辞めろ』と言っている」と発言した。福島氏は23日、「こういう発言はあらゆるレベルで許していけない」と強く批判、社民党高知県連を通じ島崎市議に抗議するという。

 島崎市議は23日、朝日新聞の取材に対し、22日に高知市内で開催された講演会でこの発言をしたことを認めた上で、野党が柳沢厚生労働相の「女性は子どもを産む機械」発言を批判することで「国会審議が停滞している」と抗議の意味を込めた、と説明した。

 島崎氏は「自分の性格は、言いたいことを胸にしまっておくタイプではない。これからも言いたいことははっきりと発言していく」と述べ、福島氏の抗議には「おれも大臣並みの扱いか」と語った。(朝日新聞)



 福島党首はよくテレビに出るが、馬鹿の一つ覚えで、同じことしか言わん。弁護士にしてはレベルが低いと前から思いよったが、この記事がそれを証明しちゅう。
「機会」という言葉尻を捕まえて大臣を辞任さそうとする。それが思惑どおりいかざったら知恵がないもんじゃき、審議拒否をする。
島崎市議の肩を持つわけじゃないが、市議の発言は的をえちょらよ。
福島党首は県連を通して抗議する言うもんじゃき、島崎市議も「おれも大臣並みの扱いか」と大臣になった気分。笑うたぜよ。
島崎市議は「機会のさびきった」と表現しちゅうが、さびきった機械でも油をさせば、又なんとか使い物になるようになる。まだ表現が甘いのぉ。
わしじゃったら「脳ミソの腐りきった…」と云うが、文句を云うて来るかよ。龍馬じゃき、受けてたつぜよ。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。