いよいよ明日は統一選挙、中でも注目されるのは東洋町の出直し町長選挙。全国の注目を集める核廃問題が争点。

昨夜のある飲み会でもこの話題が出たが、「文献調査」推進派と核廃施設はいかん派が真っ二つに分かれた。ということは東洋町も蓋を空けてみんとわからん。どっちにしても僅差じゃなかろうか。

 田嶋候補は「文献調査への応募は即、施設の建設ではない。交付金という国の制度を使い、町民生活の支援や防災対策を進めたい」と訴えて、沢山候補は「核の廃棄物を持ち込ませない、阻止することがたった一つの争点。貧しくても安全に暮らせること」と訴える。この両候補の訴えを町民はどう捕らえるか。

 飲み会の中で一人、田嶋候補が当選したら住所を東洋町に移すという者もいた。確かに税金面でも相当優遇されてくるろう。わしの考えは「文献調査」の結果が出た時点で施設建設の賛否を町民に諮ったらええと思う。この時点で核廃はNOと言えるがじゃきに……それにしても明日はどういう町民の判断が下されるか注目じゃ。

FC2 Blog Ranking頼んだぜよ