上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 高レベル放射性廃棄物の最終処分施設をめぐる安芸郡東洋町の出直し町長選挙で初当選した沢山保太郎町長(63)は23日午後、実施主体の原子力発電環境整備機構(原環機構)に対し、文献調査の中止を求める応募取り下げの申請文書を郵送した。原環機構は「文書が届いた後、取り下げの手続きを始める」としている。
沢山町長は、文書を郵送のほかファクスで原環機構に送る一方、山路亨・同機構理事長に直接電話。「おおかたの町民から応募を取り下げてもらいたいという声がある。文書を検討の上、よろしくお願いします」などと要請した。

 同理事長は「その(取り下げの)方向で手続きを進めたい」と答えた。約2、3分間のやりとりを終えた沢山町長は「ちょっとほっとした」と表情を緩ませた。<高知新聞>



一方経済産業省側は

高知県東洋町長選で、受け入れ推進派の現職が落選したことについて、甘利経済産業相は24日の閣議後の記者会見で「(有権者が)誤解をしたまま賛否が諮られると、当然こういう結果が出る」と述べた。安全性に関する国などの説明が不十分だったとの認識を示したものだが、電力会社の不祥事が頻発しているだけに、地元の反発を招く可能性もある。

 甘利経産相は「(処分場は)保管施設で、安全性は120%確保されている」と強調。「処分場が危険という誤解、処分場がなくても生活を維持できるという誤解は、解いてもらわないといけない」とも述べた。<朝日新聞>



FC2 Blog Ranking頼んだぜよ
スポンサーサイト
いよいよ明日は統一選挙、中でも注目されるのは東洋町の出直し町長選挙。全国の注目を集める核廃問題が争点。

昨夜のある飲み会でもこの話題が出たが、「文献調査」推進派と核廃施設はいかん派が真っ二つに分かれた。ということは東洋町も蓋を空けてみんとわからん。どっちにしても僅差じゃなかろうか。

 田嶋候補は「文献調査への応募は即、施設の建設ではない。交付金という国の制度を使い、町民生活の支援や防災対策を進めたい」と訴えて、沢山候補は「核の廃棄物を持ち込ませない、阻止することがたった一つの争点。貧しくても安全に暮らせること」と訴える。この両候補の訴えを町民はどう捕らえるか。

 飲み会の中で一人、田嶋候補が当選したら住所を東洋町に移すという者もいた。確かに税金面でも相当優遇されてくるろう。わしの考えは「文献調査」の結果が出た時点で施設建設の賛否を町民に諮ったらええと思う。この時点で核廃はNOと言えるがじゃきに……それにしても明日はどういう町民の判断が下されるか注目じゃ。

FC2 Blog Ranking頼んだぜよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。