上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相撲取りの夢は横綱――横綱は心・技・体が要求される。
親方は部屋から横綱を誕生さすために日夜指導する。
今の相撲界に真の親方が何人いるだろうか。
朝青龍問題も元を正せば、高砂親方の指導力のなさからきている。
今回の時津風部屋から死者が出たリンチ事件は言語道断。
入門3ヶ月の新弟子を「かわいがり」という名のもとで殺人行為を行ったことは、なさに地獄絵である。
今年の名古屋場所での新弟子検査では、史上初めて「受検者ゼロ」を記録している。まさにこの事件は名古屋場所寸前のことであった。
大相撲界は抜本的改革をしないと存亡の危機に陥るであろう。
今の大相撲界はまさに「象」である。
――身体はどでかいが脳みそは小さい――
脳みそがなければ、外部から注入しるしか道はないだろう。
大相撲ファンとして、本当に情けない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。