田中良紹の「国会探検」のブログで田中氏は毎度バカバカしい日本のメディアというタイトルでメディア報道のレベルの低さが、国民には日本政治の「山の形」も「森の形」も見えなくなる。せいぜいが1本の木の、それも葉っぱ1枚の動きに右往左往する事になると述べている。以下引用する。


 私が「液状化する自民党」を書いた翌日に自民党の鳩山邦夫衆議院議員が地元で谷垣執行部を批判し、翌15日に自民党に離党届けを提出した。同じ日に自民党の幹事長代理を務めていた園田博之氏も役職を辞任した。鳩山邦夫氏は自民党の中枢から外れた人間であるが、幹事長代理は自民党執行部の一角をなす要職である。その要職にあった園田氏の辞任は既に自民党執行部が崩れ始めた事を意味する。

 ところがメディアは園田氏の辞任には目もくれず、鳩山邦夫氏の一挙手一投足を追いかけた。離党したのだから新党結成に動くと見たのだろう。しかし多少でも政治を知る者なら新党結成がどれほど容易でないかを知っている。ただのパフォーマンスに近い行動より、崩れ始めた自民党内部の力学に目を凝らす方が政治取材の本道だと思うのだが、今のメディアはそうならない。

 自民党が崩れ始めたのは今のままでは参議院選挙に勝てる見込みがないからである。「政治とカネ」をいくら追及しても、民主党にダーティなイメージを植え付けて支持率を下げさせても、それだけでは選挙に勝てない事を自民党は知っている。長年政権の座にあって権力を知り、「政治とカネ」の攻撃を受けてきた経験からそう考える。選挙はイメージだけでは動かない。選挙は生活そのものであるからだ。

 政治の奥深さを知る自民党が今のままでは選挙に勝てないと考えているのに、民主党の方にも今のままでは参議院選挙に勝てないと叫ぶ連中がいる。こちらは政治を知らない未熟児であるため世論の動向で選挙が動くと信じている。しかし選挙は国民が生活を賭けて判断するものである。スキャンダルを批判してもそれでメシが食える訳ではない。メシを食わせてくれる政治かどうかを考えて国民は1票を入れる。

 最近の政治報道は「世論」の動向ばかりを喧伝している。おそらくメディアが散々利用された小泉政治のマインドコントロールから抜けられずにいるからだろう。小泉純一郎氏はなる筈のない総理になったため、自民党内に全く権力の足場がなかった。そこでメディアを利用して「世論誘導」を行い、自民党の外に足場を作った。「世論」だけが頼りの政治が始まり、政治の本道が見失われた。すると生活にひずみが出始め、そこで国民は気付いたのである。昔からの熱心な支持者ほど自民党から離れた。昨年の総選挙で自民党が野党に転落したのはそのためである。

 国民が民主党に政権を取らせたのは、「民主党らしさ」に期待を寄せたからではない。亀井静香氏に言わせれば、「民主党がコペルニクス的転換を図った」からである。小沢一郎氏が代表に就任して「生活が第一」を選挙スローガンに掲げた事が民主党に勝利をもたらした。国民は「世論」の人気だけを得ようとして「生活」に目もくれなくなった小泉政権以来の自民党に「ノー」を突きつけたのである。

 だから旧体制の権力は小沢一郎氏を狙い撃ちにする。明治以来「毎度おなじみの手法」で攻撃が仕掛けられた。中央公論の4月号でオランダ人ジャーナリストのカレル・ヴァン・ウォルフレン氏が指摘しているように、戦前の天皇制官僚国家は選挙で選ばれた政治家の力を骨抜きにするために非公式の政治システムを作り、それが第二次世界大戦後も連綿と続いてきた。官僚制度を防御するための装置はメディアと二人三脚で動く検察である。

 「検察とメディアにとって、改革を志す政治家たちは格好の標的である。彼らは険しく目を光らせながら、問題になりそうなごく些細な犯罪行為を探し、場合によっては架空の事件を作り出す」(中央公論4月号「日本政治再生を巡る権力闘争の謎」)。最も手強い小沢氏さえ排除できれば後は簡単である。その他の民主党議員を訴追できるネタはいくらでもある。しかもそれらの議員はネタを表に出さなくても、裏で脅せば思い通りに操ることが出来る。こうして誰にも気付かれずに「政治主導」と思わせながら「官僚主導」を続けられる。

 検察は小沢氏を起訴することが出来なかったが、それと二人三脚のメディアを使って旧体制の権力は次の攻撃に入った。小泉政治が得意とした「世論誘導」である。「世論調査」を「世論誘導」の道具にした。だから毎週の如くに世論調査が行われる。「世論調査を信ずるバカ」でも書いたが、毎週の如く行う調査に金は掛けられない。安い費用で雇われた下請け会社が発注元の期待に添う結果を出すため、顔の見えない相手を電話で誘導尋問する事などいとも簡単である。その程度の調査をもっともらしく見せるため、新聞は一面トップで、テレビもトップ項目で扱う。嘘も百回言えば本当になるように、インチキも大々的に見せれば信ずるバカが出てくる。

 そのレベルの報道だから、国民には日本政治の「山の形」も「森の形」も見えなくなる。せいぜいが1本の木の、それも葉っぱ1枚の動きに右往左往する事になる。ウォルフレン氏の日本政治を見る目は私と共通するが、不思議なのは日本のジャーナリストが自国の歴史を踏まえて政治の現状を見ようとしない事だ。「利益誘導型政治」や「金権政治」がどこから出てきた言葉なのか、「政治とカネ」のスキャンダルがどのように作られてきたかを全く見ていない。

 昨日、公明党の神崎武法元代表と坂口力元厚生労働大臣が任期途中で議員辞職する事が明らかになった。「体調のため」とされているが、それを信ずる者はいないだろう。二人は自公連立を象徴する政治家である。その二人が政界から姿を消すことは、鳩山邦夫氏の離党などよりずっと政治的意味を持つと思う。農協も財界もどこを向いているかを考えると、参議院選挙に向けた布石は着々と打たれている。そして「風頼み」でしか選挙の出来ない連中だけが、得体の知れない「世論」という幻想にすがって政治をやろうとしているのである。

 今回の小沢一郎幹事長の秘書が三人一緒に逮捕されたことに関して思うことがある。
第一にあまりにも逮捕の仕方が性急である。逮捕は元々、逃亡の恐れ、罪証隠滅の恐れがあると言うことで逮捕に踏み切る。そういう点からすると今回の逮捕は疑問が残る。検察の言い分では石川知裕議員が自殺の恐れがあるので身柄保全という意味で逮捕したというが、それならほかの二人の逮捕はなぜかということになる。

 検察はマスメディアをうまく利用して国民を洗脳していく。そのいい例が旧長銀の粉飾決算事件である。この事件は逮捕された全員が後で無罪が確定した。つまり冤罪であった。いくら後で無罪になっても一度被告とされた者の身分は元には戻らない。政治家だったら政治生命を絶たれる。いみじくもこの旧長銀事件を担当したのが、いま小沢捜査をしている地検の佐久間達哉特捜部長であった。
 そういう意味でマスメディアの社会的責任は非常に思い。検察からリークされた記事は必ず、「関係筋によると」で始まる。記事は裏を取って流すのが基本である。裏をとれなければ、せめて、検察の情報によるとぐらいは書くべきだと思う。それくらいはしないとネット社会になった今日、マスメディアは生き残れないのではないだろうか。

通常国会が始まった。野党になった自民党は「政治とカネ」の問題を徹底的に追求すると意気込んでいるが、尻すぼみになるのは目に見えている。既に検察の捜査が入っているので、国会で徹底追求は無理。それよりも「政治資金規正法」を洗い直すといったほうが国民受けする。

この「政治とカネ」の問題は永遠のテーマだと思う。はっきり言って政治にはカネがかかるのは事実。
1昨年、チェンジでオバマ大統領が誕生した。それも劣勢をはね除けて、ヒラリーに勝った。それはまさに集金力の差であった。オバマ氏はネットを使って献金を集めた。最初は個人献金ばかりかと思われていたが、実際は4分の3くらいは企業献金だった。

「水清ければ魚棲まず」きれい事ですまないのが政治の世界。

ちっと、おおめにみちゃらんと、重箱の隅をほせくるようなことばっかり、言いよったちいかん!