上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年金問題、国が徹底的に洗いなおすといっているが、元帳も8万件以上が不法破棄されているのに、いくら政府がちゃんとするいってもその場逃れの眉唾もの。出来るわけがないじゃいか。

こうなったら年金制度そのものを解体するしかない。解体して現在社保庁にある金を被保険者に一括で返還する。

そして新しい年金制を設ける。新年金制度は保険制度ではなく福祉国家としてちゃんと税金で老後を最低限保証する。その財源は消費税で目的化する。老人が多い時代や国民が保証の充実を要求すれが当然、消費税は上がる。当然、今の若者が年寄りなった頃には老人が少なくなるから消費税は下がる。
現在、消費税は一般財源化されているので使い道が明確でないから、国が消費税を上げるといえば国民は反対するのは当然。

今、年金で一番問題になっているのは社保庁の年金資金の無駄な流用、収めているのに未納計上そして年金の未払い。
消費税で賄えばこの問題点が全て解決する。

この年金制度は最低保証するものであって、老後に贅沢したい人は民間の年金保険に加入するとか、老後のプランを立ててもらえばよい。

年金制度は解体して見直さんと社保庁の職員を飼うちゃるためにあるみたいなもんじゃいか。

国民もお人よしじゃあいかんぜよ。良いようにされるぜよ。


FC2 Blog Ranking頼んだぜよ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。