上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらく更新を怠っていたが、昨日、小沢民主党代表が代表辞任を表明した。
発端は麻生内閣支持率が一桁になろうかという3月3日に小沢代表の第一秘書が突然逮捕された。理由は西松建設からの献金を政治団体からの献金と偽って記載したということ。だがこれには無理があった。
 法的には小沢氏側には何ら問題はない。検察側の目的は違法献金を正すためではなく、小沢代表の代表辞任が目的ではなかったかといわれている。その証拠に西松建設からの献金は自民党の多数の議員にも行われているのに、漆間官房副長官は「自民党には捜査は及ばない」と問題発言をした。
 検察側にとってみれば、小沢氏の代表続投に思惑が狂った。そこで急きょ、検察は人事移動時の忙しい3月というのにもかかわらず、全国から捜査員を拡充し、ターゲットを小沢代表本人に切り替えて捜査したが、収穫はなかった。そこでしょうことなく3月24日に秘書を起訴した。
 舞台は裁判に移された。裁判の場に移されたにもかかわらず、小沢代表の説明責任をマスメディアも追及する。裁判になった以上は説明して相手に手の内を明かす馬鹿はいない。検察も裁判で説明するといっているから、小沢代表も裁判で説明すればよいことである。

 さて、大事なことは今後の民主党のあり方である。小沢代表の昨日の記者会見の趣旨は「身を捨てて挙党一致で政権交代を実現する」ことであった。挙党体制を確立するには民主党の代表に誰を据えるかがキーポイントになる。代表選出に際して民主党内がガタついてはいけない。ガタついて喜ぶのは小沢代表を潰しに掛かった連中である。
 岡田克也副代表の名が上がっているが、個人的には疑問に思う。彼には明るさがない。国民の多数の支持を得るには基本的に明るさが求められる。
 菅直人副代表は秘書が逮捕されたときにいの一番に小沢代表に辞任するように促している。そういう意味で敵の腹を読むのに疎い。だから民主党代表の時に「年金未納問題」で簡単に辞任に追い込まれた。
 前原誠司副代表は問題外である。
 そうなると小沢代表の秘書逮捕の際に国策捜査と批判し、最後まで小沢代表続投を支持した鳩山由紀夫幹事長ということになるだろうか。代表を選出するまで民主党は正念場である。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ かまんかったら 押しとぉぜや
スポンサーサイト
自民・民主の連立構想は水泡と化した。わしは残念でならん。
今、国会が開かれちゅうけんど、ねじれ国会で法案が一つも通らん。税金の無駄遣いじゃ。
民主党は法案を参院に出して可決しゆう言うけんど、衆議院にいけば、秘訣される。意味をなさん。
それなら、小沢代表が言っていたように連立を組んで民主党の意向を法案に盛り込む。法案の立案中に自民党に押し切られたら、参院で否決すればいい。だから自民党も民主党の意見を聞かざるをえん。
わしは日本では政権交代が理想的にはできんとおもうちゅう。なぜなら、今の二大政党政策は基本的にはあまり変わらん。白か黒の政党ではないき。国民も政権交代できる二大政党が出来たらよいと思うちゅうけんど、これは幻に終わると思う。
今でも自民・公明の連立内閣じゃ。けんどこの連立は公明党がいかんせ、議員数が少ないき、どうしても自民党の言いなりになりやすい。これが民主党だったら、衆議院では自民党、参議院では民主党が議員数が多いので対等に主張が出来る。そうなると落ち着くところは国民にとってベターな法案になる。そうは思わんかよ。

今回、小沢代表が連立案を党内に持ち帰った。ところが民主党幹部の誰もが反対した。小沢の落胆ぶりは相当なものだったと思う。だから翌日に代表の辞表を決意した。ここがまた小沢一郎の欠点。これから時間を掛けて党内を説得しなければならなかった。
ところが今回小沢一郎の従来と違うところは辞意を翻した。それには連立を組むには民主党の数が必要である。自由党の時に自民党(小渕内閣)と連立を組んだが、1年半で辞めた。数がないと自分達の政策は通らないということの教訓がある。
小沢一郎にとっては代表辞意を決意した時、自分の政治生命は終わったと覚悟したはずである。ところが幸いかな、党員一致で小沢続投が決まった。小沢のいう二大政党制実現の為の夢がつながった。
でも今度の総選挙で民主党が過半数をとるのは無理なわけで、衆院選挙前の連立はもうないわけで、後の連立に向けて、今から民主党内をまとめていく必要がある。まあ、その時間が出来たわけだ。
それにしても民主党はまだまだ青二才ぜよ。

【人気blogランキング】かまんかったら 押しとぉぜや

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。