上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大相撲時津風部屋の序ノ口力士、時太山(当時17=本名・斉藤俊さん)が急死した問題で、05年秋まで同部屋にいた元力士が9月30日、同部屋のあしき体質を「告発」した。この元力士(20)は兄弟子による度重なる暴力に耐え切れず、「このままでは死んでしまう」と計3度部屋を脱走。引退が決まると、時津風親方(57=元小結双津竜)から着物代、食料費などの名目で約100万円の返還請求があったことも明らかにした。
 大分県出身の元力士は、03年3月に時津風部屋に入門した。時津風親方が、先代から部屋を継承して間もなくで、この元力士は同親方が入門させた「一番弟子」だった。
 元力士 前相撲(03年春場所)までは、みんな優しく、自分はお客さん扱いでした。でも、出世披露が終わって番付にしこ名が載った途端、兄弟子の態度がガラリと変わったんです。
 出世披露の前後で待遇が違うのは角界の慣例だが、不条理な暴力は別次元の問題だ。当時、「何かあったら言ってきなさい」と親方から言われ、兄弟子に意味もなく殴られたことを親方に報告。結果、逆にいじめはエスカレートした。
 元力士 「お前、たきつけ(告げ口した)たな」と怒られ、何十発も殴られました。ショックで、静岡まで逃げたんですが、師匠とおかみさん、母親に説得されて部屋に戻りました。
 部屋に戻った後はさらなる制裁が待っていた。
 元力士 ぶつかりげいこは、最長で1時間20分。途中、口の中に砂の混じった塩を入れられました。金属バットはなかったけど、鉄製の鍋やしゃもじで頭を殴られました。いつか死ぬと思いました。
 親方の鉄拳もあった。
 元力士 04年春場所後、2度目の脱走をして部屋に戻った時でした。左右の拳で何発も殴られて口の中から出血しました。親方は酒癖が悪く、時太山のようにビール瓶で殴られた兄弟子もいます。
 05年秋場所後、3度目の脱走をして大分県の実家に戻った。連れ戻しに失敗し、引き留めを断念した時津風親方は、実家に約100万円の支払い請求書を送りつけてきたという。元力士側は支払いを拒んだ。
 元力士 着物代、食費などを返せという内容です。親方は、協会から力士養成費とかをもらっているのに。でも先代までのルールを変えて医療費を力士の負担にさせた人です。金銭の執着から、おれのことも引き留めたかったのでしょう。
 日本相撲協会から部屋には、1人の力士につき年間計186万円が支払われている。部屋から逃げ出した時太山を無理に引き戻し、悲劇が起こったのもこういう背景があると思われる。【構成・柳田通斉】 <日刊スポーツ>

【人気blogランキング】かまんかったら 押しとぉぜや
スポンサーサイト
相撲取りの夢は横綱――横綱は心・技・体が要求される。
親方は部屋から横綱を誕生さすために日夜指導する。
今の相撲界に真の親方が何人いるだろうか。
朝青龍問題も元を正せば、高砂親方の指導力のなさからきている。
今回の時津風部屋から死者が出たリンチ事件は言語道断。
入門3ヶ月の新弟子を「かわいがり」という名のもとで殺人行為を行ったことは、なさに地獄絵である。
今年の名古屋場所での新弟子検査では、史上初めて「受検者ゼロ」を記録している。まさにこの事件は名古屋場所寸前のことであった。
大相撲界は抜本的改革をしないと存亡の危機に陥るであろう。
今の大相撲界はまさに「象」である。
――身体はどでかいが脳みそは小さい――
脳みそがなければ、外部から注入しるしか道はないだろう。
大相撲ファンとして、本当に情けない。
随分、ご無沙汰しちょった。いかんいかん

大相撲もはや今日は10日目じゃ。

9日終わって、全勝は朝青龍と白鵬

白鵬の横綱取りがいよいよ佳境に入ってきた。

稽古で朝青龍にひざを傷められた豊ノ島。

心配しよったが、相撲内容が大分よくなってきた。

傷めた膝も大分良くなりゆうもんじゃ。

来場所に再度期待しょう


FC2 Blog Ranking頼んだぜよ
栃東関

大相撲の技巧派大関、栃東(30)=本名志賀太祐、東京都出身、玉ノ井部屋=が高血圧など体調面の不安により現役を引退することが5日、分かった。7日に記者会見を開き、正式発表するらしい。
 
 栃東は1994年の初入幕から8年で大関まで駆け上がり、これまで優勝3回、殊勲賞3回、敢闘賞2階、技能賞7回と輝かしい成績を残しちゅう。常に「横綱候補」と呼ばれながらも、度重なるけがに泣かされて2度の関脇への陥落を味わうなど、苦労の多い力士でもある。栃東の偉いところは、2度とも大関に復帰、現行の大関復帰制度が始まってからは栃東ただ一人じゃ。

8度目の角番として迎えた先場所、初日から七連勝、10日目には勝ち越しが決まり、角番からも脱出、強い栃東が帰ってきたかと思いきや、病院で診断を受けたところ高血圧と過去に脳梗塞を起していたことが判明。これは力士にとっては致命傷、様子をみていたが引退することになった。
 今後は親方として、自分が果たせなかった横綱力士を育ててもらいたい。実際には今春から内弟子をとって親方業もスタートしていたようじゃ。
FC2 Blog Ranking頼んだぜよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。