上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 内閣府が16日発表した2008年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)の速報値は、物価の変動を除いた実質で前期比3・3%減(年率換算12・7%減)と、大幅なマイナス成長となった。第1次石油危機の影響を受けた1974年1~3月期(年率換算13・1%減)以来、約35年ぶりの水準で戦後ワースト2位となった。日本経済が戦後最悪とも言える深刻な不況に直面していることが裏付けられた。

未曾有の世界恐慌の中で先進国の中で日本が一番傷が浅いと言っていた麻生総理はこの事実をどう釈明するのだろうか。

中川昭一財務相の先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)終了後の記者会見は泥酔状態寸前の態度。河村建夫官房長官は風邪薬の飲み過ぎによると説明しているが、あれは完全に泥酔状態。
G7で日本経済の深刻さが解り、深酒を飲まなければならないくらいショックを受けたのだろうか。それともやけ酒か…

日本テレビが15日に明らかにしたところによると、麻生内閣の支持率がとうとう10%を切った。ほかの世論調査機関が行えば、7%前後の結果が出るところもあるのではないだろうか。
中川財務相の千鳥足ではないが、麻生内閣の足下が完全にもたつき、いつ倒れてもおかしくない状態になってきた。
今の政府には期待できない。そうなると神頼みしかない。

神頼みといえば、今日16日は高知県いの町の「いのの大国さま」の名で親しまれている、商売繁盛・家内安全・縁結びに御利益のある椙本神社の春大祭が行われている。
私もさっそく参拝してきたが、仁淀川水系で採れるササに、イグサを細かく編んだ小さな俵や小判型の短冊などが結び付けられた「古式福俵」を買い求める参拝客で賑わっていた。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 高知情報へ かまんかったら 押しとぉぜや
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。