二月十二日、衆議院予算委員会で与謝野馨氏が質問に立った。幾つもの大臣を勤め、総裁候補にもなった、あの与謝野氏とは別人である。

彼の質問を聞いてあまりにの品格のなさに私は目を疑った。自民党は世も末だと改めて痛感した。
 
 これに関して的確に書かれているブログがあるからご覧になってみて下さい→「南華のブログ」