ユズ果汁を絞ったあとの皮を利用してユズの香りがする魚のブリを高知大学農学部のグループが研究して、生臭さのないなどの成果が上がりゆうらしい。昨年は試験的に生産した5千匹を大手回転ずしチェーン店が全国で販売したらしい。これはなかなか良い所んい目を付けたものじゃ。新たな高知ブランドができるし、捨てるユズの皮の再利用という点でも良いことじゃ。
一方、須崎市浦ノ内灰方の県水産試験場が、宿毛市の特産かんきつ類「直七(なおしち)」の果汁を使った餌で、
カンパチとマダイの試験養殖に取り組んでいる。どうも、かんきつ類の成分が生臭さを抑制する効果があるようじゃ。