上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
亀井静香金融・郵政担当相の「モラトリアム」は危険である。亀井大臣は閣議の了解もなく個人見解を言いたい放題。テレビ番組では「モラトリアムが通らないなら、私の首を切ればいいんだ。 しかし鳩山総理はそんなことできない」と暴走。鳩山内閣のアキレス腱になる前に総理は手を打たなければならない。

借入金の元金の3年猶予から金利も猶予すると言い出した。こんな政策をやれば自由経済は破綻する。銀行は成り立たない。「モラトリアム」が実行される前から銀行は貸し渋りどころか、一切貸さなくなる。かえって中小企業の首を絞めることになる。耳障りはいいが、何の経済の浮揚策にもならない。

国民新党の亀井静香氏と社民党の福島みづほ氏はどんな内容の3党合意をしたかは知らないが、はしゃぎ過ぎもいいところである。今回の総選挙で国民の多くは国民新党や社民党を支持したのではない。民主党を支持したのである。その点を亀井氏や福島氏は考えなければならない。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。